FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  皆川城(2) ~ 法螺貝型縄張り

皆川城(2) ~ 法螺貝型縄張り

 皆川城の第2話です。

GEDC2963.jpg
 皆川城は山を段々に加工した造りです。腰郭、帯郭主体の縄張りです。

 写真はイメージ図「お」の郭です。

x004_20120819105239.jpg
 南側から見たイメージ図です。出来るだけ現状に沿うように努力しました。見ていない部分は木を描いて誤魔化しています。

*遠目には法螺貝の様に見えることから、法螺貝城とも呼ばれていたということです。

 大まかな構造は往時をイメージできますが・・・

 地元の城郭愛好家の方から「皆川城は公園化されたときに、小口とか随分ナラサレテしまったんですよ」とのお話を伺っており・・・

 イメージ図を作成していても、どこか虚しさを感じました。

GEDC2966.jpg
 「え」に登ってきました。

*さて、皆川氏は小山氏と共に、古河公方派に属していました。

GEDC2967.jpg
 「え」から「桜平」への、くねくね登り道です。

*古河公方は、関東管領と対抗する為、息子に北条氏の娘をめとらせました。

GEDC2970.jpg
 「桜平」の標柱です。

*そこで皆川氏は、小山、古河公方、北条派の一員となりました。

GEDC2969.jpg
 「桜平」です。

*やがて、北条派が関東管領を関東から追い出したので、一派は安泰かと思われましたが・・・

GEDC2972.jpg
 「桜平」から見上げた、「本丸」です。

*長尾景虎が、関東管領を伴って関東へ侵攻すると、皆川氏は難しい選択を迫られます。

 「皆川城第3話・復元竪掘」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「栃木の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード