FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  皆川城(1) ~ 室町時代の築城

皆川城(1) ~ 室町時代の築城

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成24年7月21日、お城仲間のMさんと皆川城に行ってまいりました。

x003_20120819095704.jpg
 栃木県栃木市皆川城内町にあります。

GEDC2957_20120819095811.jpg
 遠目にも城跡と判る山容ですので、迷うことは無いと思われます。

GEDC2958.jpg
*皆川城は、室町時代、長沼氏の支流がこの地に入り、皆川氏を名乗り、城を築いたのが始まりであるとされています。

 古河公方と関東管領が争った騒乱の時代であり、同時期にすぐ東へ壬生氏が入っていることから、この地域に何らかの「権力の地殻変動」があったことと推察いたします。

GEDC3008.jpg
 駐車場の横には、広大な居館とその土塁が残存しています。西側の土塁です。

*長沼氏は、小山氏の系列である為、皆川氏はすぐ南側の小山氏と連携しました。

 皆川氏はの所領は、現在の栃木市、そして、鹿沼市西部の山中、粟野、粕尾、永野まででした。

GEDC3009.jpg
 居館、南側の土塁です。

GEDC2971.jpg
 城から見下ろした居館です。

*小山氏は古河公方派でした。(一時期、関東管領に屈しましたが、短期間で公方陣営に復帰)そこで、皆川氏も古河公方派として、関東の戦乱に巻き込まれることとなります。

GEDC2959.jpg
 登り始めると、すぐに巨大な堀が現れます。

 「皆川城第2話・法螺貝型縄張り」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「栃木の城」
スポンサーサイト



Comment
今後にご期待を
丸馬出様

 がっかりで申し訳ありません。

 今後レポートを発信する会津桧原城や、米沢
舘山城、山形畑谷城、秋田金沢柵などは、面白
い縄張りですので、是非とも、今後にご期待を
お願いいたします。
ありがとうございます
コメありがとうございます。
居館と総構があるお城なので
いつか行ってみたいお城なのですが
後閑城と同じような感じですかあ(涙
少しがっかりですねえ
Re: 大手道
丸馬出し様 御来訪ありがとうございます。

 コメントを頂き、励みになります。

 さて、皆川城です・・・

 第二話にてお伝えしたのですが、公園化の際に小口等
大規模にナラサレてしまったそうです。

 現状の登城路は、居館から「お」を東へ向かい、クネ
クネと登って「い」「あ」「西の丸」「本丸」となりま
すが、往時のものかどうかは不明です。
 
 現状の登城路は、軽自動車やユンボが通れるような道
幅ですので、往時のものではない可能性が高いと思われ
ます。

 段々の郭たちも、主要なものには土塁が盛られていた
とおもうのですが、無いですし・・・

 なんとも残念な城です。

 群馬の後閑城も同様だそうです。

 ヤブだらけでも破壊されない方がいいですね。
大手道
いつも楽しく拝見させて頂いております。
私のレベルでは皆川城は難解なお城ですので
大手道の開設をお願いしたいと考えておりますが、
ご多忙のことと思いますが
ご検討していただければ幸いです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード