FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  久下田城(4) ~ 上洛敢行

久下田城(4) ~ 上洛敢行

 久下田城の最終話です。

x002_20120819070216.jpg
*久下田蟠龍斎は、結城家の家臣でありながら、織田信長や徳川家康とよみしを通じていました。

GEDC2916.jpg
 北郭の西側には、水掘が残存しています。

*私が驚いたのが「久下田蟠龍斎は天正壬午の乱の際、徳川方として甲斐にいた」ことです。

 平山優著「天正壬午の乱」によりますと・・・・

 武田家滅亡後、織田家による東国支配が浸透し始めると、久下田蟠龍斎は徳川家康の勧めに従って、安土城を訪問したということです。

 関東の小大名でありながら上洛を敢行するのはかなりの勇気が必要であったことでしょう。

 その後、本能寺の変にて織田信長が横死すると、織田家の東国支配体制は崩壊し、甲斐、信濃をめぐって、上杉、北条、徳川が争う天正壬午の乱が勃発します。

GEDC2917.jpg
 北郭です。

*乱は北条と徳川の和睦にて終結します。

 平山優著「武田遺領をめぐる動乱と豊臣秀吉の野望」には、「徳川と北条が和睦する際の条件として、蟠龍斎を甲斐から無事帰国させることが入っていたとの記録が残っている」と記されています。

GEDC2915.jpg
 北郭から、二ノ丸塁壁撮影しました。写真では判りにくいのですが、現地で見ると大迫力です。是非、皆さん現地で御覧になって下さい。

*その後、久下田蟠龍斎は無事帰国しました。

GEDC2919.jpg
 北郭の東側から、二ノ丸へ至る通路です。

*さて、徳川家と北条家の和睦の条件に関東は北条家の切り取り次第が入っていました。徳川家との和睦により背後を脅かされる心配がなくなった北条家は全軍を下野方面に投入できる圧倒的に有利な状態となりました。これを見て、結城家は北条軍団に入ります。

 しかし、豊臣秀吉が徳川家康を屈服させ、北条氏に上洛を命じ私戦の禁止を通達すると、結城家は北条軍団を離脱し、独自路線を歩みます。

 機を見るに敏ですね、久下田蟠龍斎の助言があったのかもしれません。

GEDC2921.jpg
 北郭の北側にも水掘があります。北側の宇都宮領から攻められることを想定して、北側は何重もの防備となっています。

*豊臣秀吉が北条氏を滅ぼすと、豊臣秀吉は久下田蟠龍斎を独立大名として認めました。

 蟠龍斎は、亡き妻に対し主家と並ぶ独立大名となったことを、どのような気持ちで報告したのでしょうか。

 戦乱の世が終わったことを悟った蟠龍斎は、弟に家督を譲り、1598年に没しました。

GEDC2924.jpg
 西側から、城域を見上げた写真でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「栃木の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 村上連珠砦群でお待ち申し上げております
らんまる様 ご来訪有り難うございます。

 虚空蔵ツアーを実施して頂ければ、必ずや参加したいと
思います。

 よろしくお願い致します。

> 五遁さん、益々のご活躍で何よりです。
>
> 貴殿を始めとして、信濃の城に焦がれた皆さまの推奨の城が「村上連珠砦群(虚空蔵山砦群」だとは小生も最近になって知りました。
> ビョーキの方のリクエストが多いのですが、小生も体が一つしかありませんので、11月に「どうしても虚空蔵山に登りたいゾ!比高647mマジカルミステリーツアー」を開催しようと思っています。
> ご意見頂ければありがたいのですが・・・(笑)
村上連珠砦群でお待ち申し上げております
五遁さん、益々のご活躍で何よりです。

貴殿を始めとして、信濃の城に焦がれた皆さまの推奨の城が「村上連珠砦群(虚空蔵山砦群」だとは小生も最近になって知りました。
ビョーキの方のリクエストが多いのですが、小生も体が一つしかありませんので、11月に「どうしても虚空蔵山に登りたいゾ!比高647mマジカルミステリーツアー」を開催しようと思っています。
ご意見頂ければありがたいのですが・・・(笑)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード