FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  八木岡城(2) ~ 北朝奪還

八木岡城(2) ~ 北朝奪還

 八木岡城の第2話です。

GEDC2875.jpg
 「す」の場所です。

*1341年、北朝は有力武将「高師冬」を宇都宮城に派遣します。

x006_20120805132503.jpg
 「す」や「し」の場所が郭だったのかは、判りません。

*高師冬は北朝派の武将たちを糾合すると、北朝派の佐竹氏の領国に入り、東から小田城に迫ると小田氏は屈服します。

GEDC2877.jpg
 「し」の場所です。

 北畠顕房はなおも関城、大宝城に籠って抵抗しますが、1343年、両城は陥落し、関東における南朝勢力は壊滅したのでした。

GEDC2892.jpg
 「し」の南側、「う」の小口っぽくなっている箇所です。

*記録にはありませんが、北朝側は1341から43年の間に、八木岡城を奪回したことが推察されます。

GEDC2879.jpg
 「し」から、「す」方向を撮影しました。間に明確な段差がある為、少なくとも「す」は郭であったように思われます。

*北朝の室町幕府が安定し、戦国時代に入るまで八木岡城に抗争はありませんでしたが・・・

GEDC2880.jpg
 「い」の小口です。

 「八木岡城第3話・久下田蟠龍斎との抗争」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「栃木の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: お疲れでございますなあー
らんまる様 お気づかい有難うございます。

 私の脳は、何かに突き進み続けていないと、壊れてしまう脳なので・・・
 先日、自分のブログの投稿予約を見ていたら、予約アップした記憶が無い
記事が二つありました。東北遠征の二つのお城の記事でした。

 深夜に無意識でアップしていた様です。

 我ながら笑ってしまいました!

 らんまるさんにおかれましては、濃い記事をマイペースで・・・

> 人の事は言えませんが、だいぶお疲れのご様子と察します。
> 余計なお世話かもしれませんが、充分な休養が肝心かと。
>
> 小生はネタの仕入れと即放出を繰り返しておりますので自転車操業の毎日でございます(笑)
お疲れでございますなあー
人の事は言えませんが、だいぶお疲れのご様子と察します。
余計なお世話かもしれませんが、充分な休養が肝心かと。

小生はネタの仕入れと即放出を繰り返しておりますので自転車操業の毎日でございます(笑)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード