FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  鹿沼城(5) ~ 屈曲比高二重土塁

鹿沼城(5) ~ 屈曲比高二重土塁

 鹿沼城の最終話です。

GEDC2799.jpg
 張り出しやぐら台です。転落防止の為フェンスが設置されています。

*1586年、徳川家康が豊臣秀吉に屈服します。

 豊臣秀吉は、北条氏にも忍従を求めるとともに、私戦を停止するよう要請しました

GEDC2800.jpg
 「二郭」と推定する場所です。「二郭」の大部分は野球場設置の為に破壊されたと推察します。

*北条氏は、豊臣秀吉の私戦停止要請を無視します。

 1587年、北条の大軍がここ鹿沼城に満ち満ちました。

 北東約5キロにある、宇都宮氏の最終防御拠点「多気城」を攻める為です。

x011_20120805070936.jpg
 二郭・本郭あたりで雨が降って来た為、ゆっくりスケッチが出来ませんでした。帰って来てからグーグル航空写真を参考に起こしました。

*同年8月、北条・壬生連合は多気城を包囲します。圧倒的な兵力差に宇都宮勢は防戦一方となり、多気城の総構えは、炎に包まれます。

GEDC2801.jpg
 「二郭」の塁壁は比高二重土塁となっています。写真は藪で判りにくいですね。

 北条氏がよく用いる技法ですので、北条氏による改修の可能性を感じます。

 鹿沼市の皆さん! 比高二重土塁を刈りはらって、芝生を敷いたら、お城マニアが全国から集合して、観光資源になりますよ!

*多気城の総構えは焼き払いましたが、山城部分は急峻で我攻めは兵力の損耗が予想される為、北条・壬生連合は撤退しました。

GEDC2806.jpg
 「本郭」です。

*北条氏は秀吉の上洛要請に対し、「上野の領地裁定をしてくれたら上洛します。」と応え、秀吉は「沼田城は北条」「名胡桃城は真田」と裁定を下しました。

 ところが北条氏は1589年、名胡桃城を攻めとってしまいました。

 裁定を無視された秀吉は激怒し、北条征伐が敢行されます。

GEDC2804.jpg
 「本郭」の土塁は屈曲が施されています。

*翌1590年、北条氏は没落。北条に従った壬生氏も同じ運命をたどるのでした。

GEDC2803.jpg
 「本郭」北側の塁壁です。

*宇都宮佐竹連合の侵攻を幾度となく食い止めた堅城「鹿沼城」は、壬生氏の没落と共に廃城となったのでした。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「栃木の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード