FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  鹿沼城(4) ~ 食い違い堀底道

鹿沼城(4) ~ 食い違い堀底道

 鹿沼城の第4話です。

GEDC2790.jpg
 張り出しやぐら台です。堀と土塁で囲まれています。堀は堀底道となっています。

*1585年12月、北条氏は宇都宮城を包囲し、城下を焼き払いますが、落とすことはできませんでした。

x011_20120805070936.jpg
 堀底道は「う」の郭から続いています。

*翌1586年1月、宇都宮氏は鹿沼城へ攻めよせましたが、鹿沼城は持ちこたえました。

 その頃佐野氏が北条氏の傘下に入ります。

GEDC2791.jpg
 堀底道は半円形に曲がりながら続いています。

*同年4月、宇都宮氏は鹿沼城へ攻めよせますが、鹿沼城は堅固に守り切りました。

 同年5月、北条氏は大軍で皆川城を囲み、皆川氏を屈服させます。

GEDC2793_20120805080247.jpg
 堀底道は、食い違い状に屈曲しており、ここて停滞する攻城兵へ「張り出しやぐら台」上から射撃を加える意図があったと思われます。

*佐野氏と皆川氏の、北条傘下入りによって、宇都宮氏は一層苦境に立たされますが、同年7月、宇都宮氏は鹿沼城へ攻めよせます。もう、死に物狂いですね。鹿沼城は堅固でした。

GEDC2794.jpg
 「二郭」の塁壁です。

*翌年、死に物狂いの宇都宮氏に引導を渡そうと、北条氏は大軍を派遣します。

GEDC2795.jpg
 「う」側から見た食い違い堀底道です。

 「鹿沼城第6話・屈曲比高二重土塁」へ続く・・・
 
 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「栃木の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード