FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  麻績古城(8) ~ 深さ25メートル

麻績古城(8) ~ 深さ25メートル

 麻績古城の最終話です。

GEDC2466.jpg
 西側から堀底を撮影しました。

 あくまでも底の部分です。全体はアングルに入り切らないのです。

GEDC2462.jpg
 本郭の塁壁を登り始めました、塁壁の下の部分の写真です。

GEDC2460_20120708161432.jpg
 塁壁の上に到達しました。

 堀底を見おろしています。お城仲間のМさんの小ささからその距離を感じて頂ければ幸いです。

 ご案内いただいた、らんまるさんのお話ですと、深さが25メートルあるそうです。

GEDC2449.jpg
 本郭です。

 北側の堀切方向に土塁が盛ってあり、石積みで補強されています。

z2527.jpg
 青柳城から見た麻績城(左上矢印)と、麻績古城(その右斜め下矢印)の遠景でお別れです。

 駐車場から数分で城域に入ることが出来ますし、笑ってしまうほどの堀切が2本もある、実戦経験の城ですので、マニアの方にお勧めです。

 文末となりましたが、ご案内いただきました「らんまる攻城戦記」編集長、らんまるさんに重ねてお礼を申し上げます。

 有難うございました。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト



Comment
荘厳さに身震い!
らんまる様 御来訪ありがとうございます。

 あひるの赤ちゃんは、生まれて初めて目にした「動くもの」
を親だと思い込んでしまうそうです。

 私が初めて本格的に観察したのは、武蔵杉山城です。あひる
様な私は、杉山城にあるような屈曲進入路や横矢がかり、伏兵
出撃路等が大好きになりました。

 麻績古城には、杉山城にあるような細かい技巧性はありませ
んが、技巧性を超越した鋭い遺構の迫力に、荘厳さを感じ、思
わず身震いしてしまいました。

 私のお気に入りの城がまた、ひとつ増えました。

 本当にありがとうございました。
こちらこそお世話になりました
他府県の城攻めをされている皆さまからすれば、信州の山城のどこがイイ?と思われそうですが、意味も無く高い場所にこれでもか!と恐ろしき堀切を穿つ思想の違いでしょうか(笑)
石を投げれば城跡に当たるような山国ですが、それでも信州の山城を巡りたいと思う方の道標になればと思い小生もブログでご紹介しております。
貴殿の記事に触れて麻績古城を目指す人たちが増える事を願っております。
至らぬ道案内でしたが、いずれまたお会いできる日を楽しみにしております。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード