FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  五覧田の砦 ~ 争奪の要衝

五覧田の砦 ~ 争奪の要衝

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成24年6月10日、お城仲間のМさんと五覧田の砦に行って参りました。

五覧田アク

 群馬県みどり市東町萩原にあります。

 日本城郭体系には、五覧田要害山城築城以前に、五覧田の砦があったと記されています。

 「五覧田の砦と呼ばれ、黒川地衆の松崎氏の築いた城郭が字関守にあった。その砦は永正年間(1504~1521年)にはすでに存在した崖端城であった。

w006.jpg
 「群馬の古城」には、「国鉄足尾線を南下に見る高さ50メートルの崖上で、110メートル四方の単郭城であったらしい」と記されています。

w005_20120628201337.jpg
 遺構はほぼ消滅していますので、妄想を膨らませてイメージ図を創ってみました。

 以下、渡良瀬渓谷に独自の勢力を築いた黒川衆と五覧田の砦の歴史を・・・

*この地に黒川地衆の一人松崎氏がいた。松嶋氏は永正年間(1504~1521年)までに五覧田の砦を築いていた。

 1510年、桐生氏が五覧田の砦に侵攻し、松嶋氏は桐生氏に従った。他の黒川衆も桐生氏に従ったと思われる。そして、桐生氏の命令で松嶋左衛門は神奈川権現山の戦いに出陣し、戦死した。

 1544年、桐生氏は膳氏を配下に加え、勢力を伸ばした。

GEDC2346.jpg
 現状は畑になっています。

*1560年、上杉謙信が関東へ侵攻、桐生氏はこれに抵抗するも、桐生城を攻められ降伏。謙信の指示に従い、小田原攻めに従軍した。小田原を包囲した際に参加した武将を記載した関東幕注文に、桐生衆として松崎氏の名前がある。

 1561年、上杉謙信が越後へ帰国すると、桐生氏は謙信陣営から離反した。

 1563年、謙信が再度この地へ侵攻すると、桐生氏はまた、降伏した。

 この過程で、黒川地衆は桐生氏の配下を離れ、謙信の直接支配を受けるようになったと考えられる。

GEDC2347.jpg
 若干の盛り上がりがあるので、枡形的な土塁があったのではないかと妄想して、イメージ図に描いてみました。

*1566年、武田信玄が箕輪城を攻略、上杉謙信の関東での退勢が決定的となったため、由良氏は謙信の配下を離れ、北条氏に従った。謙信は沼田から利根川沿いに前橋へ進出する道を信玄に脅かされたため、沼田から根利経由で、五覧田、神梅、高津戸、桐生、唐沢山へと向かうこととなる。

 1569年、北条氏と謙信との和睦が成立し、上野は謙信に属することとなった。この地域にも謙信の勢力が再び扶植されたと推察される。

GEDC2353.jpg
 東側に竪掘りが食い込んでいるかのように、へこんでいる個所がありました。ここから西へ横堀が伸びていたのでは?

*1571年、北条氏は謙信との関係を清算し、武田との同盟を復活させた。上野における謙信の勢力は、また、圧迫されることとなる。

 1572年、上杉謙信の家臣で、伊勢崎城代の荻田備後守が五覧田の砦で由良勢と戦い敗れた。(圧迫に堪えかねて帰国しようとする荻田を、由良氏が追撃したと理解できる)

GEDC2354.jpg
 帯状にややへこんでいる地形が、先ほどの食い込みから続いています。

*1573年、由良氏が桐生氏を攻め滅ぼす。(桐生氏が謙信寄りであった為と思われる)

 1574年3月、上杉謙信が進出。五覧田の砦、神梅城、膳城、山上城、女渕城を攻略、次いで由良氏の大田金山城を囲むが落とせなかった。(桐生氏を滅ぼされたことへの、仕返しであったと思われる)

 同年9月、上杉謙信の撤退後、由良氏は諸城を奪回し、五覧田根小屋(五覧田の砦)では沼田勢300を打ち取り、黒川谷を回復した。

 同年10月、謙信が進出し、谷山城と仁田山城を落城させた。(記録にはないが両城への通り道である五覧田の砦も謙信の手に落ちたと思われる。)

 1578年、上杉謙信死去。(上州における上杉勢力は壊滅し、北条氏は、由良氏による黒川谷の領有を認めた。)

GEDC2355.jpg
 北西側の堀であったと思われる、道路です。

*1580年、真田昌幸が沼田城を奪取。

 1581年、由良氏は沼田平八郎に黒川地衆をつけて、沼田城奪取を命じるも、敗退。

 1584年、由良氏は、北条へ反旗を翻した。豊臣、上杉、真田、由良、宇都宮、佐竹の連合が成立した為と思われる。

 北条氏は、真田と由良の連携を断つため、黒川衆阿久沢氏を味方に引き入れ、由良配下の五覧田の砦を攻め落とさせた。由良氏は阿久沢方の神梅城を攻めたが落とせなかった。

 同年、北条氏は、真田に備える為、阿久沢氏をして五覧田要害山城を築城させた。

 1585年、由良家は北条に屈服、大田金山城を放棄し、桐生城に退いた。阿久沢氏は、黒川谷全域と仁田山郷を安堵・加増された。

 1590年、豊臣秀吉により、北条氏が滅亡すると、阿久沢氏も没落し、領内の諸城も廃城となった。

GEDC2352_20120628202802.jpg
 五覧田の砦から見上げた、五覧田要害山城の写真でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」

スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード