FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  神梅城(1) ~ 黒川衆阿久沢氏

神梅城(1) ~ 黒川衆阿久沢氏

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成24年6月10日、お城仲間のМさんと神梅城(別名:深沢城)に行って参りました。

w004_20120626200109.jpg
 群馬県桐生市黒保根町宿廻にあります。大間々から国道122号を北上し、元宿駅を過ぎてすぐの宿廻交差点を左折します。正圓寺境内と周辺が城域です。

GEDC2319.jpg
 正円寺です。

 渡良瀬川は、大間々から北にかけて厳しい地形となっており、その上流の地域は周囲から隔絶された細長い盆地のようになっています。

 その地勢故、渡良瀬川上流の武士たちは黒川衆を名乗り、結束を保ち、独自の勢力として、この地に君臨してきました。

GEDC2288.jpg
 黒川衆の旗頭は、阿久沢氏と松島氏で、神梅城は阿久沢氏の本拠でした。

GEDC2287.jpg
 境内には阿久沢氏塁代の墓があります。

w003_20120626053520.jpg
 イメージ図を作成しました。

 群馬の古城掲載図面をベースにし、失われた部分を妄想により補強しています。

 河岸段丘の突出した部分を、掘り切って築城してあります。

GEDC2310.jpg
 二の丸東側の堀は道路となって埋められてしまっています。

GEDC2312.jpg
 道路に沿って北へ進んでいくと、堀と土塁が現存しています。

「神梅城第2話 ~ 謙信へ非分の申し立て」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード