FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  高津戸城(1) ~ 渡良瀬川断崖

高津戸城(1) ~ 渡良瀬川断崖

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成24年6月10日、お城仲間のМさんと高津戸城に行って参りました。

w002_20120619214228.jpg
 群馬県みどり市大間々町高津戸にあります。わたらせ渓谷鉄道大間々駅北東約300メートルで、地図には高津戸公園と記されていることが多いようです。

GEDC2259.jpg
城内まで車で進入でき、駐車場があるのは有り難いのですが・・・・

w001_20120620224701.jpg
東側から見たイメージ図です。日本城郭体系掲載図面から起こしました。

*日本城郭体系によると、土豪山田氏の築城ではないかとのことです。

GEDC2254.jpg
 自動車道設置の為、遺構が破壊されてしまっているのは、残念です。

*1351年、山田氏は桐生氏に滅ぼされます。桐生氏が高津戸城を使用した記録は無く、山田氏滅亡以降、高津戸城は放置されていたのではないかと考えられています。

GEDC2255.jpg
 道路の脇を注意深く観察すると、堀切の残痕がわずかに・・・

*高津戸城が歴史に再度、登場するのは戦国時代末期になってからです。

GEDC2246.jpg
 「C」の郭は南へ向かってダラダラと下っています。

 突端には物見台が置かれていたと考えられており、復元されています。

GEDC2248.jpg
 「C」の郭南側の塁壁と堀です。

 「高津戸城第2話 ~ 里見兄弟伝説の真偽」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 速報です
丸馬出様 御来訪ありがとうございます。

 神の書が復刊ですか? 多くの城マニアにとって朗報ですね。

 私は牧之島城近くの図書館でちらっと拝見しましたが、素晴らしい資料だと感心しました。

 でも、私は手元に置かないでおこうと思っています。

 縄張りに対する「神の解釈」が手元にあると、どうしてもその解釈に縛られて、「自由な縄張りの見方」が出来ないと考えるからです。

 とはいえ、朗報ですね。情報提供有難うございます。

> 宮坂武男氏の『図解 山城探訪』が復刊されることが決まったようです。詳細はあおれんじゃあ様のHP掲示板にあります。ご参考までに
速報です
宮坂武男氏の『図解 山城探訪』が復刊されることが決まったようです。詳細はあおれんじゃあ様のHP掲示板にあります。ご参考までに
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード