HOME   »  中世城郭  »  超図解腰越城(5) ~ 囮小口と囮枡形

超図解腰越城(5) ~ 囮小口と囮枡形

 腰越城の第5話です。
 GEDC2012.jpg
 六ノ郭です。南側から撮影しました。南側へ緩やかに下っています。

w002.jpg
 南東側から見たイメージ図です。郭等の名前は私が勝手な思い込みで記載しています。

 敵は必ず東から攻めてきます。

 北東から攻めても本郭への道はありません。

 東に張り出した尾根筋を攻め登っても本郭への道はありません。

 守りに徹した、研ぎ澄まされた縄張りですね。

 攻城兵の主攻は南東方向からになります。

 六ノ郭へ入るには明確な小口は無く、楽に進入できます。

 これは計算された誘いだと思われます。

 六ノ郭に侵入した攻城兵は、六ノ郭を本郭方向へ進むはずです。

GEDC2008.jpg
 五ノ郭との堺には石積みがあります。なんとなく石積みに沿って左側へ進みたくなるムードが・・・

GEDC2009.jpg
 石積みに沿って左へ進むと、小口の様に見えますが・・・

 両側から挟撃されるだけで、先はつながっていません。囮小口です。

 ここから攻め登るのをあきらめて、石積みから右側へ進むと・・・

GEDC2011.jpg
 五ノ郭です。イメージ図をご覧ください。五ノ郭から本郭への小口はありません。

 その上、「張り出し銃座」「ニノ郭」「三ノ郭」の三方向から銃撃を加えることが出来るようになっています。

 五ノ郭全体が、囮枡形となっているのです。攻城兵を騙すあやかしです。

GEDC2010.jpg
 本郭への道は、本郭とは反対方向の南側にあります。「本当の小口です」

 右が三ノ郭、左が四ノ郭です。左右から挟撃出来るようになっています。

 「腰越城第6話~急降下」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「埼玉の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード