FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  遠江久野城(5) ~ 草創期の堀

遠江久野城(5) ~ 草創期の堀

 久野城の第5話です。

GEDC1815_20120429093456.jpg
 東側の腰郭から撮影した「北の丸」です。

 この写真を撮影したあたりから、日が陰り、雨が激しくなってきました。暗い写真ばかり撮影されてしまいましたので、この写真以降は、光度補正をした写真を使用しています。やや、違和感があるかもしれませんが御理解をお願いいたします。

zu2.jpg
*発掘調査の結果、久野氏草創期のものと思われる掘立建造物の遺構が見つかったのは「本丸」だけということです。つまり、草創期の久野城は「本丸」単郭の城で、現「北の丸」との尾根筋を掘り切っていたと理解されます。

 上の写真の「北の丸」左側の堀が、草創期の堀切ということになります。

 松下氏の頃には、堀切に門が設けられ、「本丸」と「北の丸」から攻撃を出来るようになっていたと思われます。

r1818.jpg
 「北の丸」です。

 現在、「北の丸」の北側は低くなっていますが、これは松下氏時代に大規模に掘削されたのだと思います。

 草創期は尾根続きで、低湿地に突きだす舌状台地といった趣ではなかったかと推察します。
r1819.jpg
 「北の丸」から見下ろした「西の丸」です。

r1820.jpg
 「三の丸」です。

r1825.jpg
 「二の丸」まで登ってきました。

 久野城第6話 ~ 正保元年廃城へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 久野城好きです
こっきぃ様 御来訪ありがとうございます。

 お久しぶりです。久野城は踏査済みですか。
 おっしゃる通り、北の丸の北側の改変は残念ですね。

 私的には本丸への登城路が埋められたとされることも
残念です。

 しかし、この2点を除けば、良く残っていますし、良く
整備されていて好感が持てますね。
久野城好きです
土地の改変があったため現在は確認できませんが、北の丸の北側には大堀切があったとされます。
尾根続きに対する防御施設は読み取れないのはザンネンですね。
Trackback
 久野城の第5話です。 東側の腰郭から撮影した「北の丸」です。 この写真を撮影したあたりから、日が陰り、雨が激しくなってきました。暗い写真ばかり撮影されてしまいましたので、この写真以降は、光度補正をした写真を使用しています。やや、違和感があるかもしれま...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード