FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  滝堺城(1) ~ 信玄逃げ込み伝説

滝堺城(1) ~ 信玄逃げ込み伝説

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成24年3月18日、お城仲間のMさんと「高天神城補給路実感ツアー」で、田中城、小山城、龍目山城、滝堺城、相良城に行って参りました。

 ツアーの4城目は滝堺城です。静岡県牧之原市片浜にあります。

 武田信玄がこの地に侵攻した際、馬場美濃守に命じて築城されたとされています。

r004_20120331123433.jpg

 この地図の通り進んで頂くとお城の、まんまえまで車で進むことが出来ます。

 車のサイズとしては、私の本田シビックが限界ですね。これ以上車幅や、長さがある車に乗っている方は、車を乗り捨てて延々と歩くしかありません。

GEDC1606.jpg
 城の北西約1キロに面白い掲示がしてありました。

 信玄が、滝堺城を築かせ、間もないころ、城外を見聞に出たところ、徳川の残兵に襲われてしまった。

 この地の民家の納屋にかくまわれ、事なきを得た。

 信玄は主人の機転を賞し、恩賞を書き与えようとしたが、紙が無かった為、鍋の蓋に記したとのことです。

 用心深い信玄がそのような軽率な行動を取るとは考えられませんね。信玄を遠目で見たぐらいの話が段々と大きくなり、恩賞を頂いたにまで化けてしまったのではないかと思われますが、歴史ロマンということで・・・

GEDC1584.jpg
 滝堺城へ向かう道です。お城も周囲も全て、茶畑です。本レポートは、茶畑写真集のようになってしまいますことをあらかじめお断りしておきます。

 奥の道路が落ち込んでいる場所が堀と土橋になります。

r005_20120331125109.jpg
 西から見たイメージ図です。

 現状では、単純連郭、「極陰」の縄張りとなっています。

 武田の城は、城の前面に複数の出撃路を設け、敵がこっちに来たら、伏兵があっちから出撃する「陽」の縄張りを得意としています。

 それに馬場美濃守が縄張りをしたとなると、「丸馬出し」が必ずや存在したと考え、点線で記載してみました。

 図の配置で、「丸馬出し」があると、四ノ郭がその存在意義を発揮できることがおわかりになりますでしょうか?

 発掘調査をしたら、九分九厘、丸馬出しが出てくると・・・ 思います・・・

GEDC1585.jpg
 三ノ郭手前の堀は、道路になっています。この道路は軽トラックのみ通行可能な幅です。

GEDC1587.jpg
 三ノ郭手前の堀は、屈曲して落ち込んでいます。

GEDC1586.jpg
 馬場美濃守縄張りへ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 湯日城の際には
丸馬出し様 ご来訪有り難うございます。

 5月から6月にかけて忙しく、次の遠征は6月下旬になりそうです。
 その頃の駿河の城は薮蚊だらけですので、遠征先は信濃方面となり
そうです。

> 武蔵様の縄張り図がなければ
> 気がつかなかったです。
> 湯日城を攻める機会がありましたら
> 再調査してみるのもいいかもしれませんね~
湯日城の際には
武蔵様の縄張り図がなければ
気がつかなかったです。
湯日城を攻める機会がありましたら
再調査してみるのもいいかもしれませんね~
Re: 待ち焦がれていましたw
丸馬出し様 御来訪ありがとうございます。

 図の左下に飛び出た尾根の先端には地図で
見るとくびれがあり、それにくびれとくびれを
つなぐ形で、道路が出来ています。
 当日は車で通り過ぎてしまったので、観察で
きませんでしたが、「堀跡が道路となった」パ
ターンである可能性はあるかもしれませんね。
待ち焦がれていましたw
待ちに待っていましたお城の登場ですね。
実に素晴らしい城ですね。

ところで、甲州流のよくある手で
図の下側の尾根に出丸を作るパターン
がよくあるのですが、
そちらは何かありましたでしょうか
教えていただければ幸いです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード