FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  川入城(1) ~ 由比氏本城

川入城(1) ~ 由比氏本城

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成24年2月11日、お城仲間のМさんと、川入城に行って参りました。

川入アク

 静岡県静岡市清水区由比阿僧にあります。

GEDC1367_20120225110202.jpg

 老人ホーム石浜の郷のすぐ北、常圓寺境内が城となります。

*日本城郭体系によりますと、川入城は由比氏の本城であるととことです。

r006_20120227193028.jpg
 イメージ図を作成しました。

 河岸段丘の端が、沢により区切られている地形を利用しています。

 日本城郭体系には、常圓寺背後の土塁と堀以外、遺構は存在しないと記されていますが・・・

 腰郭・石積み小口・やぐら台を発見しました! それらの写真は最終回のレポートに掲載します。

GEDC1368.jpg
 イメージ図に「からめ手」と書いた場所には、現在、コンクルート製の橋がかかっています。橋の上から沢を撮影しました。深さは10メートル以上あり、天然の堀となっていたようです。

*由比氏は、在地土豪で鎌倉期よりこの地に勢力を張っていました。

 早くから今川家に仕え、一時期は駿河守護代に任じられました。

GEDC1372.jpg
 「あ」から、東側を撮影しました。残存土塁があります。

*1476年の、「横地・勝間田一揆」の際は、今川家の指示のもと、由比直任が制圧にあたっています。

GEDC1373.jpg
 土塁の北西側には、横堀の名残りがかすかに・・・

 往時はもっと、深く、広い堀であったことでしょう。

*今川家の重臣として安定した勢力を保っていた由比氏に、歴史の厳しい風が吹き始めたのが、1560年のことでした。今川義元の尾張侵攻に従軍していた、由比家当主「由比正信」は、名高い桶狭間の戦いで討ち死にしてしまいます。

GEDC1375.jpg
 城内に入りました。

*由比正信の嫡男「由比昌純」が、由比家を継ぎ、今川氏真に仕えました。

 しかし、今川氏直は、徳川家康と武田信玄に挟撃され、急激に勢力をそがれていきます。

GEDC1376.jpg
 常圓寺です。

*1571年、武田信玄の圧迫に堪えられなくなった、由比昌純は、由比の所領を捨て、今川氏直の掛川城へ籠ります。

 1572年、由比昌純は攻めよせる徳川勢の前に討ち死に・・・

 掛川城は開城し、今川家も没落してしまいます。

GEDC1377.jpg
 解説の石碑がありました。

*解説版には、1541年、裏山よりの武田勢の攻撃により、全員討ち死にしと記されていますが、誤りの記載のようです。

 1541年は、武田信玄が家督を継いだ年です。その年に信玄がここまで攻めよせられるはずはありませんね。

 石積み小口発見へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」 
スポンサーサイト



Comment
Trackback
 みなさん、こんにちは。 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。 平成24年2月11日、お城仲間のМさんと、川入城に行って参りました。 静岡県静岡市清水区由比阿僧にあります。 老人ホーム石浜の郷のすぐ北、常圓寺境内が城となります。*日本城郭体系によ...
 みなさん、こんにちは。 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。 平成24年2月11日、お城仲間のМさんと、川入城に行って参りました。 静岡県静岡市清水区由比阿僧にあります。 老人ホーム石浜の郷のすぐ北、常圓寺境内が城となります。*日本城郭体系によ...
 みなさん、こんにちは。 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。 平成24年2月11日、お城仲間のМさんと、川入城に行って参りました。 静岡県静岡市清水区由比阿僧にあります。 老人ホーム石浜の郷のすぐ北、常圓寺境内が城となります。*日本城郭体系によ...
 みなさん、こんにちは。 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。 平成24年2月11日、お城仲間のМさんと、川入城に行って参りました。 静岡県静岡市清水区由比阿僧にあります。 老人ホーム石浜の郷のすぐ北、常圓寺境内が城となります。*日本城郭体系によ...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード