HOME   »  中世城郭  »  由比城(3) ~ 日本初配信

由比城(3) ~ 日本初配信

 由比城の最終話です。

由比城は、今川義元の家督相続をめぐる内乱「花蔵の乱」で、義元派と福島氏が戦った記録があります。

 東海道を押さえる要衝であったことが推察されます。

GEDC1350.jpg
 ニノ郭には、近世の水ガメがありました。

 ニノ郭と本郭の写真がネットで配信されるのは、本レポートが日本初となります。

GEDC1351.jpg
 二ノ郭は、本郭に近づくにつれ、次第に斜めになり・・・

GEDC1352.jpg
 本郭の手前で、明確な塁壁となります・・

GEDC1357.jpg
 本郭です。狭い上に全域がヤブデ覆われています。

 写真は南側から見た、本郭の東端です。

GEDC1354.jpg
 東北方向には高齢者の方々の為の施設があります。

GEDC1356_20120225105016.jpg
 本郭からの東南方向、東海道方面の眺めでお別れです。

 後日、「私有地であり、立ち入りは推奨されない」旨の情報を頂きました。

 知らぬこととはいえ申し訳ありませんでした。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」 
スポンサーサイト
Comment
Re: タイトルなし
桜えび様 ご来訪ありがとうございます。

 イメージ図をお褒め頂き、ありがたい限りです。

 図の正確さを追及するサイトは多く、正確さで対抗しても勝てないので、正確さよりも、「パッと見のわかりやすさ」を追い求めて描いています。

 築城者の縄張りに対する想い・・・

 敵がこう来たら、こう、対抗する・・という想いを推察して、デフォルメを施しています。

 静岡にお済なのですね。

 温暖で海があって、いい場所ですね~


> イメージ図が味わい深く、しかも分かりやすく、そして自分自身が地元なので図面と幼少時代の記憶とのすり合わせが出来て読みふけってしまいました。
イメージ図が味わい深く、しかも分かりやすく、そして自分自身が地元なので図面と幼少時代の記憶とのすり合わせが出来て読みふけってしまいました。
Re: ここは
 どなたか存じ上げませんが、情報を提供いただき有り難うございました。
 情報を踏まえ、記述を訂正させていただきました。
 感謝申し上げます。
ここは
最高裁で係争された私有地です。
勝手に入ると訴えられる恐れがあります
ご紹介ありがとうございます。
丸馬出し様 ご来訪有り難うございます。

 本のご紹介ありがとうございます。
 面白そうな本ですね。
 調べてみます。
丸馬出
いつも楽しく拝見させていただいています。
素敵な本があったのでご紹介させていただきます。
もう入手されてることと思いますがw

http://www.amazon.co.jp/%E6%88%A6%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%BB%8D%E9%9A%8A-%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E5%AD%A6%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%9F%E6%88%A6%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E5%90%8D%E3%81%AE%E8%BB%8D%E5%8B%A2-%E8%A5%BF%E8%82%A1-%E7%B7%8F%E7%94%9F/dp/4054053041
雪は溶けましたか?
お師匠 御来訪ありがとうございます。

 私の職場から見える丹沢の山々にも未だ雪が残っており、佐久の地も雪におおわれていると思っておりましたが、とけましたか?
 ブログ拝見しました。きれいに刈りはらわれましたね。
 最近は雪を避けて駿河・遠江方面へ行っておりましたが、これからは信濃へ攻め入りたいと思います。
 情報提供有難うございました。
平賀城
佐久市の平賀城に久々登ってきました。以前は南側には木々に覆われていて歩くこともままならなかったのですが、今回はきれいに伐採されており良く見ることができました。南側は大きな段郭が三段とあり、これを主体にすべてにおいて山裾を腰曲輪が構築されています。また城壁には石積みがあちこち残っていて、おそらくすべてに於いて石垣を施していたことがわかります。
 こんなスケ-ルの大きな山城を今の機会に見ておいたほうがいいと思います。
縄張りへの探求
丸馬出し様 御来訪ありがとうございます。

 おっしゃる通りです。

 絵を描くことにより、その城の防御思想と
防御構造が自分の中で、活性化してくるのが
感じられます。

 戦国の堅城始め、新人物往来社の城シリー
ズは、ホトンド所持しています。

 つじつまの合わなさに対する、破壊された
部分への探求も楽しいこと、この上ありませ
んね。

 今も、馬場美濃守が縄張りしたのに、現状
では変な縄張りとなってしまっている滝堺城
の縄張り図に、丸馬出しを書きいれたところ
縄張りの辻褄がひったり合い、一人で悦にい
っております。
間違えました
すいません戦国の堅城Ⅱのまちがいでした
武蔵様、平にご容赦を
丸馬出
失念していたのですが
絵を描いていて、最大の面白いところは
従来の縄張り図だとつじつまが合わない
ところが出てくるので、そういったところを
妄想&現地調査すると
新しい発見があるところです。
なのですが、最低限の戦術論は
抑えておく必要がありますので
絶版になったのかわかりませんが
戦国の堅城1の戦術論はコンパクトで
よくまとまってるなあと思われます。
(本はお持ちだと思われますので、
 くどくて申し訳ありませんw)
Re: 丸馬出
丸馬出様 御来訪ありがとうございます。

 おっしゃる通りですね。
 最近国土地理院の地図を活用し始めました。
 国土地理院の地図には古道が記されていることが
多いので。
 過日静岡県浜松市の只来城に行って参りました。
 古道に沿って登っていくと、峠に近接して縄張り
が施してあり、古道と峠を押さえる城であったこと
がわかりました。

 戦国時代にパソコンで航空写真が見れたら、戦略
も変わってきたでしょうね。

 航空写真の視点を補うべく、烽火台ネットワーク
があったのでしょうね。
丸馬出
いつも楽しく拝見させていただいています。
私の考えですが、山城探索のポイントは
・大手道、城内道、搦手道の探索
・戦闘正面の考察
・その城の戦略上の目的と周辺の城との関係
・敵対勢力との位置関係
・古道との位置関係
にあるんじゃないかなあと縄張り図を見ながら
その上に絵を描いて楽しんでおります。
(一杯やりながらですが(笑))
絵を書いていて感じるのは
時は流れても、人間の考えることは
そんなにかわっていないんじゃないかなあと
と感じておりますが、
戦国時代の人はパソコンで航空写真が
みれるんなんていったら、こぞって欲しがるでしょうね。
便利な世の中になったものですね
生育環境
らんまる様 御来訪ありがとうございます。

 大学院で発達心理学と、認知心理学を再学習しましたが、生育環境が心理面に与える影響は大きいようです。

 私は、青森県青森市に生まれ、北海道の札幌に移り、次は埼玉、次は秋田県能代市で成長しました。

 埼玉以外は海沿いなんですよね・・・

 今、埼玉に暮らしていますが、定期的に海を見たくなる衝動に駆られます。

 今日は、信玄が遠江へ進出する際に、攻略した只来城へ行ってきました。

 現地の教育委員会も場所を特定できていないのですが・・・

 周囲の山々を徘徊し、候補を絞り込み・・・

 峠を掌握する五つの郭があり、間違いないと思います。

 すみません。興奮して自分の話を・・・



> 信玄公が海に異様な執念を燃やしたのが分かるような風景ですね。
> 生まれも育ちも信州の小生にとっても、海を初めて見た時の感動は格別のものでした(笑)
>
> 信玄公の侵略先の順序が駿河を含めた東海地方を最初としたなら、あれほど川中島に執着したのでしょうか?
> 山ばかり見て育つ信州人はどうも閉鎖的でいけません(汗)
>
> 海をみれば、その向こうに何があるのか・・・そういう探究心が生まれるのだと思います。
> そう思いつつ、閉鎖的な信州が大好きな自分がそこにはいますネ…矛盾極まりない…(爆)
海と山城のコントラスト最高ですねぇ~
信玄公が海に異様な執念を燃やしたのが分かるような風景ですね。
生まれも育ちも信州の小生にとっても、海を初めて見た時の感動は格別のものでした(笑)

信玄公の侵略先の順序が駿河を含めた東海地方を最初としたなら、あれほど川中島に執着したのでしょうか?
山ばかり見て育つ信州人はどうも閉鎖的でいけません(汗)

海をみれば、その向こうに何があるのか・・・そういう探究心が生まれるのだと思います。
そう思いつつ、閉鎖的な信州が大好きな自分がそこにはいますネ…矛盾極まりない…(爆)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード