FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  由比城(2) ~ 城域への疑問

由比城(2) ~ 城域への疑問

 由比城の第2話です。

GEDC1344_20120225094047.jpg
 尾根筋にたどりつきました。三ノ郭です。

 東海道、由比漁港、薩堆峠まで見渡せる絶景です。

r005_20120225094641.jpg
 イメージ図を作成しました。

 ヤブだらけで良くわかりませんでしたので、「東海道ちかくになだらかな丘陵があり、丘陵の東端が突然変異的に急峻になっている」雰囲気だけ感じていただければ幸いです。

 物見兼烽火台であったなら、本郭とニノ郭だけが城域であったことでしょう。

 しかし、一方、同行のМさんが発見して下さった土橋が往時のものであるならば、三ノ郭と四ノ郭があったことになります。

 更に、眼下に東海道があるのだから、東海道を城域に取り込もうとすれば丘陵全体を城域とした可能性もあります。

 いやいや待って下さい。丘陵全体を城域にすると、千名以上の城兵が必要ですが、由比氏の動員兵力は百数十人程度と思われる・・・

 そうだ! 北条軍が4万5千の軍勢で薩堆峠に陣取り、信玄と対峙したとの記録がある。4万5千全員が山の上にいたとは考えられない。峠の手前で、北条側の由比にも大勢の北条兵が駐屯したはずだが記録は無い・・・

 歴史素人の私の頭脳は、ショートしてしまうのでした・・・

GEDC1358.jpg
 三ノ郭から見下ろした土橋です。

GEDC1359.jpg
 上の写真では信じて頂けないと思い、四ノ郭に降り立って、土橋を撮影しました。

 三ノ郭への小口で、両脇から横矢がかけられるようになっています。

GEDC1360.jpg
 四の郭から見た由比港方面です。左側に土塁があるのが見て取れますでしょうか?

GEDC1345_20120225103449.jpg

 三ノ郭に戻り、二ノ郭の塁壁を見上げました。

 これがナカナカノ急峻さです。しかも、高さが10メートルはありそうです。

GEDC1349.jpg
 ニノ郭に到達しました。しっかりと削平されています。

 日本初配信へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」 
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード