FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  足高城 ~ 多賀谷重経席巻

足高城 ~ 多賀谷重経席巻

 みなさんこんにちわ。
 中世城郭愛好家土の城派、武蔵の五遁です。
 平成24年1月14日、お城仲間のМさんと足高城に行ってきました。

a牛久アク

 茨城県つくばみらい市城中にあります。

GEDC1187.jpg
 城中公民館の駐車場に土塁があります。

*足高城は戦国時代の後期に岡見氏が牛久城の支城として築いたとされています。

001_20120204072331.jpg
 イメージ図を作成しました。足高城は残存度が低いです。地形だけのイメージ図を描いてもつまらないので、「図説茨木の城郭」掲載図面を参考にしながら、妄想をふんだんに働かせて復元してみました。素人の趣味の領域ですので決して参考になさらないでください。

 往時は沼地に突き出た半島状の地形だったようです。

GEDC1189.jpg

 公民館の裏にも低い土塁があります。

*天正の頃には岡見宗治が城主だったそうです。

GEDC1190.jpg
 図へ物見と書いた突き出た場所には、現在、城中八幡神社が鎮座しています。

*その頃、佐竹氏と盟約を結ぶ、下妻城の多賀谷氏が勢力を増していました。

GEDC1191.jpg
 物見郭の基部を断ち切る堀切の一部が残存しています。

*天正15年、多賀谷重経は、岡見氏の本城である牛久城と、ここ足高城の中間地点に泊崎城を築き、足高城を孤立させます。

GEDC1193.jpg
 本郭は濃密な竹藪となっており、日も傾いていたため踏査は遠慮させていただきました。

*この頃には、佐竹連合軍は霞ケ浦の北岸を制圧し、岡見領全体に圧迫を加えるまでになっていました。

GEDC1195.jpg
 ニノ郭はこのような住宅街となっています。

*多賀谷勢は、足高城へも度々押し寄せました。

GEDC1199.jpg
 イメージ図に描いた残存堀です。残存堀の向こう側は農家の庭先となっているようでしたので、踏査を遠慮させて頂きました。

*岡見宗治は、北条へ援軍を要請し、必死に抵抗します。

r1204.jpg
 四ノ郭と城外を隔てる堀が埋められたと妄想する場所です。

*しかし、城内から裏切り者が出て、足高城は落城してしまいます。

GEDC1209_20120204075023.jpg
 南西からの遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」
 > 「茨木の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード