FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  常陸小坂城(3) ~ 小口の先にやぐら台

常陸小坂城(3) ~ 小口の先にやぐら台

 小坂城の第3話です。

GEDC1097_20120202133721.jpg
 「二郭」の小口へ近づいて来ました。

r001_20120202092427.jpg
 「三郭」を囲む掘と、「二郭」を囲む掘りをつなげてしまうのが、より、一般的技法ですが、掘底を攻城兵が活用して、城の中心部へ進むことを嫌った造りになっています

 「西郭からCの土塁へ木橋がかかっていたのでは?」と妄想し、記載してみました。渡った先は狭い土塁上ですし、正面には「B」のやぐら台があり、堅固な小口です。

GEDC1103.jpg
 土塁「C]の上から、木橋がかかっていたのではないかと妄想する方向を撮影しました。

 左奥が「西郭」、右奥が「三郭」です。

GEDC1098.jpg
 左が「C」の土塁、右が「西郭」の土塁です。

GEDC1099.jpg
 「D」に入りました。左奥に「A」のやぐら台が写っています。

 右奥に「B」のやぐら台が半分写っています。

 ここに攻め入った攻城兵は、二つのやぐら台からの射撃に、多大な出血を強いられることとなります。

GEDC1102.jpg
 左が「本郭」の土塁、右が「C」の土塁です。

GEDC1106.jpg
 「D」から「二郭」を撮影しました。

 梯郭式縄張りへ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
 > 「茨木の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード