FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  常陸小坂城(2) ~ 謎の名城

常陸小坂城(2) ~ 謎の名城

 小坂城の第2話です。

GEDC1093.jpg
 「三郭」に入りました。写真は西側の土塁です。

GEDC1084.jpg
 「三郭」の土塁の外側には、横掘が巡り、その外側にも土塁が盛られています。

r001_20120202092427.jpg
 小坂城に関する確かな記録は何もないとのことです。

 岡見氏の領域に存在するので、岡見氏の城とされています。

 しかし、岡見氏の他の城とは構造が全く異なります。

 何時、何者が、築いたのか全くの謎であります。

 掘の両側に土塁を盛る普請は扇谷上杉氏の城に良く用いられる技法です。

 小口を入るとその先にやぐら台がそびえている構造は、山内上杉氏の菅谷城に類似しています。

 岡見氏が北条の傘下に入ったさいに、北条から派遣された監視役の城という見方もありますが、真相は誰にもわかりません。謎の名城です。

GEDC1081.jpg
 「三郭」南側の土塁と掘です。中央が若干張り出しています。

 右側が「西郭」です。勝手に名付けてしまいました。

GEDC1083.jpg
 「西郭」の全体写真です。削平が曖昧ですし、西側の斜面はなだらかです。

 西側が地続きであれば、小坂城最大の弱点となります。

可能性1 西側と南側には往時、池があり、敵兵が攻め込む危険性がなかった。

可能性2 往時、土塁で囲まれており、小口もあったが、破壊されてしまった。

 ・・・等の理由が考えられます。

GEDC1095.jpg
 「三郭」から、「二郭」方向を撮影しました。

 「小口の先にやぐら台」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
 > 「茨木の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード