FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  常陸小坂城(1) ~ コンパクトで技巧的

常陸小坂城(1) ~ コンパクトで技巧的

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成24年1月14日、お城仲間のMさんと小坂城に行って参りました。

小坂アク

 茨城県牛久市小坂町にあります。

GEDC1080.jpg
 小坂城は、コンパクトかつ技巧性に富んだ縄張りが、良く残存しており、現在、史跡公園としての整備の真っ最中です。

 手前がが駐車場となり、城趾公園へ階段が伸びるようですね。

 今は階段は使えませんので、公園の奥がわへ移動します。

GEDC1085.jpg
 奥がわの入口です。往時はここが大手だったと推察いたします。

r001_20120202092427.jpg
 イメージ図を作成しました。現地解説版掲載地形図より起こしていますので、信用して頂いて結構です。(国道建設に伴い削り取られた本郭の一部を補正しています。)

 この地方の城の縄張りは、舌状台地を順次掘り切っていく、連郭式の縄張りが多いのですが、それらとは一線を画した縄張りです。

 横矢が意識されています。侵入路の屈曲も素晴らしいものがあります。

 圧巻は「D」の空間です。ようやく小口を抜けて「二郭」へ侵入したと思ったら、そこは狭い空間で、しかも、「A」と「B」のやぐら台からの射撃にさらされます。

 「E」の空間は公園化により現出した可能性があります。もしかしたら土塁も空堀もつながっていたかも知れません。

GEDC1086.jpg
 左が「四郭」、右が「三郭」です。奥には「二郭」の塁壁が見えます。

GEDC1087.jpg
 「四郭」に入りました。馬出し的な役割があったと推察いたします。

GEDC1090.jpg
 「四郭」から、「三郭」への小口を撮影しました。往時は堀が深く、小口へ木橋がかけられていたと推察いたします。

 謎の名城へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
 > 「茨木の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード