HOME   »  中世城郭  »  岡の城山(1) ~ 扇谷上杉の防塁

岡の城山(1) ~ 扇谷上杉の防塁

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成24年1月7日には、岡の城山に行って参りました。
 埼玉県朝霞市岡にあります。

岡の

 JR武蔵野線北朝霞駅東方約1キロにあり、城山公園として整備されています。

GEDC1017.jpg
 「城山公園前」の信号まであります。

GEDC1031.jpg
 岡の城山に関する資料はないようです。

*現地解説版に補足を加えると・・・

 このあたりは豊島氏の領地でした。1477年、長尾景春の乱が勃発すると豊島氏は乱に同調し、扇谷上杉氏に反旗をひるがえします。扇谷上杉氏重臣太田道灌により、豊島氏は滅ぼされました。太田道灌は豊島氏の領地をを接収し、岡の城山を築きました・・・といった感じです。

r001_20120120154616.jpg
 イメージ図を作成しました。

 岡の城山は保存状態が良くありません。崩れてしまっている現状をそのまま図面にしても、縄張りが解り難いので、崩れる前を想定して作成しています。

 単純連郭を基本としながらも、横矢がかりを重視しており、技巧性も持っています。

GEDC1019.jpg
 公園のエントランスの部分です。道路建設と公園整備により破壊されてしまった場所と捉えるべきでしょう。

*岡の城山については、別の見解もあります・・・

 この見解は、「岡の城山が、東京都調布にある深大寺城と構造が似ている」ことに由来します。
 1524年、北条氏綱は江戸城を奪取し、扇谷上杉氏はその勢力を大きく後退させます。

GEDC1020.jpg
 四郭です。

*1537年、扇谷上杉氏は、重臣難波田弾正に深大寺城の修築を命じています。
 岡の城山は、当時の扇谷上杉氏の居城川越城と、北条の最前線である江戸城の丁度、中間地点にあたるため、扇谷上杉氏が川越城防衛のために岡の城山を修築したと考えられます。同じ時期の修築なので構造も似通ってしかるべきだとの考えです。

 「犬走りの謎」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
 > 「埼玉の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード