FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  上野諸城(3) ~ 永禄の築城

上野諸城(3) ~ 永禄の築城

 上野諸城の最終話です。

*「日本城郭体系」では、諸城の築城時期を永禄年間としています。

GEDC0821.jpg

 二の郭です。土塁があります。

*永禄年間は、武田信玄の上野侵攻期にあたります。

002_20120112095012.jpg

*信玄の侵攻に備えて、地侍が構築したのか? はたまた、侵攻した信玄が領地支配のために構築したのか?

 記録がないので何とも言えませんが、三日月堀の存在と、シンプルかつ、やや技巧的な縄張りから、武田の手がはいった可能性を感じさせます。

GEDC0825.jpg

 「小口B」です。斜め入り小口です。「小口A」も東根小屋の小口も斜め入り小口で共通しています。

GEDC0834.jpg

 西根小屋と推察する部分の「い」の写真です。

*この地域が西からの脅威に晒された時期と言えば、天正壬午の乱のあとの頃ですね。徳川と北条は表面和睦していましたが、水面下では、相手の支配地の土豪を蜂起させるなど、緊張関係が続いていました。

 北条による、対徳川の備えとして、駐屯兵を増派した可能性は如何でしょうか・・・

GEDC0841.jpg

 諸城への正しい到達方法をお伝えします。

 上野村役場に車を停めさせて頂き、徒歩で神流川にかかるこの橋を渡ります。

 突き当たりを右折し・・・

GEDC0840.jpg

 10数メートル進むと、左側にこの登り口があります。

 峠管理部まで、道が整備されていますので安心です。

GEDC0843.jpg

 西からの遠景です。

 一番低くなっているところが、峠管理部です。

0846.jpg

 同じく西からの遠景で、先ほどより南側を撮影しました。

 左側の矢印が要害部、右側の矢印が西根小屋?です。

 遺構の保存状態が良く、それなりに技巧的ですので、縄張りオタクの皆様にお勧めです。

 ホームページ 「土の城への衝動」
  > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード