FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  上川田城 ~ 沼田氏分流

上川田城 ~ 沼田氏分流

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成23年12月某日には、上川田城に行って参りました。
 群馬県沼田市上川田町にあります。

 関越自動車道「月夜野インター」を降りて、国道17号を西へ、名胡桃城前の交差点を左折して、県道253号を南東へ1.5キロほど進むと上川田の集落に入ります。集落中心部で左折する道路がありますので、左折して、東光寺か上川田住民センターを目指します。道路の幅が広くなっていて、車を停めても良さそうな場所があります。

GEDC0735.jpg

 車を置いて、更に進むと東光寺があります。

GEDC0736.jpg

 東光寺を過ぎて右奥に右折する道がありますので進みましょう。

GEDC0728.jpg

 道が突き当たって、右折する箇所があります。

GEDC0727.jpg

 上の写真の曲がり角の左側に、僅かに堀が残存していますので、そこから先が城内のようです。

 堀から右側が、北二郭となります。

004_20111218145822.jpg

 イメージ図を作成しました。

 グーグル航空写真を参考にしています。色を塗ってある堀が残存堀で、塗っていない堀は妄想により復元しました。

 北二郭とした部分には家が無く、南二郭とした部分には家が点在しているため、用途区分がなされていたのではないかと想像しました。

 沼田方面は断崖で防御性が高いですが、東光寺方面からは容易に攻め込めそうです。

 小豪族の城にしては妙に広く、居館兼農耕地といった位置づけではなかったかと思います。

GEDC0730_20111218150544.jpg

 本郭と思われる部分です。

*山崎一著「群馬の古城」によると、沼田家の四男がこの地に移り、発知氏を名乗り、上川田城を築いたとのことです。

GEDC0731.jpg

 本郭と北二郭を隔てる堀であったと推察する窪みです。

*上杉謙信が関東を席巻した際に従った武将の名簿「関東幕注文」には、沼田氏親族衆として、発智刑部少輔、発智小四郎の名がのこされています。

GEDC0733.jpg

 南側から、南二郭の塁壁を撮影しました。

*戦国期、真田昌幸が沼田地方を治めると、発知氏は真田昌幸に従い、侵攻してきた北条勢を何度も迎え撃っています。

GEDC0734.jpg

 上川田城から見た沼田城方面の景色でお別れです。


 ホームページ 「土の城への衝動」

 

 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 棚下の砦の2郭について
妙義の毛虫さん 御来訪ありがとうございます。

 二郭の土塁は残っていたんですね。
 そうなると、二郭はかなり、傾斜していたのですね。

追伸
 インフルエンザでダウンしています・・・
棚下の砦の2郭について
お早うございます。2郭の位置について。高速道の下からの道が大きくカ-ブしたところから城域に入った所に土塁があり、その内部が2郭です。少し傾斜していますが、多分気が付かずに通り過ぎたと思います。山崎一さんの見取図にあるカ-ブの道は高速道路東側の道のカ-ブした所を書いてあります。鉄塔のある所から道の左手に土手状になっているところが、山崎一さんの見取図の2郭土塁の東側の細道です。
Re: 発知城と発知館について
妙義の毛虫様 お返事有り難うございます。

 貴重な情報を有り難うございます。

 上川田城近くの東光寺に「発知氏は、発知城から、上川田城に移った」と記されていたので、川田地区に
発知城があるのかと思ってしまいましたが、川を越えた北側だったんですね。

 あのあたりは今頃雪の中ですね。
発知城と発知館について
追伸:山崎一さんの見取図からすると、発知城は、前記の上発知交差点の一つ北側の交差点を西に向かい武尊八幡神社の当たりです。発知館は上発知交差点から西に向かったカ-ブのところからさらに西進した突き当たった所の様です。雪が消えたら確認して見ます。
発知館の件
上発知にあります。県道266を北上し上発知交差点を左折して発知川を渡ってすぐ道が大きくカ-ブします。この北側一帯です。カ-ブ手前の少し奥(北側)のお宅に聞けばなにか判ると思います。このお宅を含めた北側です。発知城=発知館と思います。また、中発知にも木内館があります。
下川田町の南部の岩本駅から北西に大竹の砦と高瀬戸館があり、岩本駅の南明神神社の奥に滝沢の砦がある様です。ハッキリしたことが判りませんので場所を調査中です。群馬県には、本当かどうか判らない城、砦、館が沢山ありますね。概ね後世の創作とは思いますが、ただそうだとして尋ね歩くのも良いものです。年寄りの健康にいいです。
Re: 上川田城について
妙義の毛虫様 ご来訪有り難うございます。

 棚下の砦の件では、誤りをご指摘頂き有り難うございました。
 おかげさまで、ようやく到達することができました。
 先端の景色を見ないとあの砦の地理的重要性が理解できないですよね。
 近日中にレポートする予定です。

 上川田城の「妄想下郭」は、近世の造成でしたか?
 となると「残存掘り」は、造成のし残しである可能性が高いですね。
 二郭については、「群馬の中世の城館跡」の図面と、地形的に付合しな
い点があり、グーグル航空写真の地割りで描いてしまいました。

 発知城というのが近辺にあったとのことですが、ご存じですか?
上川田城について
棚下の砦に行けた様ですね。先端は怖かったでしょう。処で上川田城ですが、確証は無いですが、下郭とある処は後世に造成され、主郭南の堀と書かれているところが旧道と思われます。主郭の東南端には少し盛り上がり石宮があったと思います。北二郭と南二郭の東半分が二郭と思われ、三郭はハッキリしませんが、南二郭の西半分と城外の一部かとも思えます。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード