FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  名胡桃城(1) ~ 真田墳墓の地

名胡桃城(1) ~ 真田墳墓の地

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成23年12月某日には、名胡桃城に行って参りました。

名胡桃アク

 群馬県みなかみ町後閑にあります。
 関越自動車道「月夜野インター」を降りて、国道17号を西へ、坂を登り切ってすぐ右にあります。

GEDC0739.jpg

 駐車場は往時の般若郭跡です。

 手前左が般若郭、中央が堀です。

 その向こうには、本城域が見えます。左が二郭、右が三郭です。

012_20111218121248.jpg

 イメージ図を作成しました。現地配布資料掲載図面から起こしました。

 馬出しは破壊されていますので、古図面を参考に妄想復元しています。

*名胡桃城は、秀吉による北条征伐の契機となった城として有名です。

 本レポートでは、そこに至るまでの経緯を少々・・・

GEDC0783.jpg

 馬出しから、三郭方面を撮影しました。

*信濃には、海野平を支配地とする名族海野氏がありました。その傍流には真田氏がおりました。

 1540年、武田信虎、諏訪頼重、村上義清の連合軍が海野平へ侵攻、海野氏と真田幸隆は惨敗を喫し、海野平を捨て、関東管領山内上杉氏を頼り、上州へ逃れました。

GEDC0784.jpg

 馬出しから、二の郭(右)に続く土橋です。奥が般若郭です。

*武山憲明著「真田六文銭合戦記」によりますと・・・・

 真田幸隆一行は、管領の家臣で箕輪城主であった長野氏を頼り、その後、この名胡桃城に居候することとなりました。

 その頃、名胡桃城は関東管領の家臣沼田氏の分流、名胡桃氏の城でした。

 真田幸隆一行が、名胡桃城に滞在している最中に、真田幸隆の祖父「海野棟綱」が亡くなり、この地に葬られ、以来、名胡桃は真田家墳墓の地となりました。

GEDC0785.jpg

 上の写真と同じ位置から、般若郭と反対方向の堀を撮影しました。

*その後、関東管領家は、こともあろうに真田の仇敵である村上義清と手を結んでしまいます。真田幸隆の心中は苦渋に満ちていたことでしょう。

 1546年、関東管領家は武州川越で、北条氏康の軍勢に惨敗・・・

 1547年、関東管領家は信濃小田井原で、武田信玄の軍勢に惨敗・・・

 真田幸隆は、これ以上関東管領家にいても、旧領の回復は望めないと判断し、武田信玄のもとへと参ずるのでした。

GEDC0786.jpg

 三郭に入りました。

*1551年、真田幸隆は、村上義清の砥石城を乗っ取る軍功を挙げます。

 1553年に村上義清が没落すると、真田幸隆は旧領に加え、真田盆地一帯と、現在の上田市の市街地付近を与えられます。

 やがて真田幸隆は、信玄より北上野侵攻司令官に任ぜられ・・・

 1563年に岩下城を、1565年には岳山城を攻略し、吾妻郡を手中に収めます。

GEDC0787.jpg

 三郭から、二郭を撮影しました。土橋があり、若干食い違いとなっています。

*一方、名胡桃城のある沼田地方は、上杉謙信の関東制覇策源地となりますが・・・

 1578年に上杉謙信が亡くなると、北条氏が侵攻し、制圧します。

 その頃、武田家は勝頼、真田家は昌幸の代となっていました。

 1580年頃、真田昌幸は墳墓の地名胡桃に侵攻。

 周辺の城を制圧し、沼田城を守っていた藤田信吉を調略し、沼田全域を手に入れます。

 猪俣への手紙へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Re: 高天神に
リユウ様 ご来訪ありがとうございます。

 どしどし楽しみましよう!

> 挑戦してみたいです〜唐沢山や岩櫃も行きたいなあ😝
高天神に
挑戦してみたいです〜唐沢山や岩櫃も行きたいなあ😝
Re: あざした!
リュウ様 御来訪ありがとうございます。

 夏は標高の高い城に行くと、鉢やブヨに逢わずに済みますよ!

> やはり蜂は無理ですよね〜もうかなり厳しい時期になりましたね…
あざした!
やはり蜂は無理ですよね〜もうかなり厳しい時期になりましたね…
Re: 蜂〜
リュウ様 御来訪ありがとうございます。

 防御ですね・・・
 長袖にジーパン、首タオル、虫ベール、たばこ(蛇除けの効果が高いと言われています)
といったところでしょうか?
 蜂とブヨからは逃げます。あ奴らに虫ベールは無力です。
 あ奴らが大軍であれば、どんなに行きたい城でも断念して冬を待ちます。
 宮城まで行ってあきらめて帰ってきたことがあります。
蜂〜
蜂とダニはどうやって防御されてますか〜?
ちなみに、入口の案内板に、調査の結果、廓の周囲は2mの土塁で囲われていたことがわかったと書いてあり、それもまた興味をそそられました!
Re: はい!
リュウ様 御来訪ありがとうございます。

 薔薇の藪はきついですよね。ジーパンをはいていても容赦ないですから。
 これからの季節は、蜘蛛、蜂、ブヨ、やぶ蚊、ダニ、ヒルが待ち受けていますから、入念に防御を施して、山に入りましょう!
はい!
浅間砦にもコメさせていただきました〜野生のバラはちょっと刺さっただけで掌血だらけ イノシシのう⚪️んこかと思うほど悪臭の黒いキノコなど、自然の猛威をくらいながら登城しました。
Re: いきました!
リュウ様 御来訪ありがとうございます。

 水上旅行ですか? 家族孝行ですね。
 早朝に城へ行き、日中はファミリーパパ。充実していますね。
 名胡桃城は、戦国後期にしては結構単純な造りですよね。
 東側の断崖に頼った守りですね。
 攻城兵が西に布陣したら、富士浅間の砦から背後を突くことも考えられていたと思います。
 富士浅間の砦に登られましたか?
 お疲れ様です。超浅い堀・・ 僅かに盛り上がる土橋・・・
 結果としては、サミシイ遺構ですが、あの岩肌をよく削ったなと・・・
 普請の努力に頭が下がります。
いきました!
日曜は水上温泉に家族旅行し、また早朝に一人で行って来ました。隣接の史料館は当然入れず…
ここは非常に、造りがわかりやすいですね。一番突端の物見からの塁壁は保護しないと崩れそうでした。
地方の小競り合いにはかなりの普請ですが、西側の方がたかく、大軍勢に押し寄せられたらかなり厳しいだろうなあと思いました。
という事で、向かいの浅間砦登りましたよ❗️
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード