FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  富士浅間の砦(3) ~ 天正の苦境

富士浅間の砦(3) ~ 天正の苦境

 富士浅間の砦の第3話です。

GEDC0757.jpg

 「い」の郭にたどり着きました。背後の「う」の郭の塁壁が見えます。

*さて、戦国末期、真田昌幸は、名胡桃城と沼田城を奪取して、北上野を手中に収めます。

001_20111210084131.jpg

*その後真田氏は、北条に敵対したため、北条氏の侵攻を受け、すぐ、南側の高山村や昭和村まで、北条に切り取られてしまいます。

GEDC0756.jpg

 「い」の郭から、「あ」の郭を見下ろしました。

 僅かながら、堀と土橋が残存しているのが見て取れるでしょうか?

*北条氏は、沼田領で利根川南西岸の上川田・下川田地区へ度々兵を入れ、田畑を荒らしました。

GEDC0758.jpg

 「あ」の郭から、「い」の郭の塁壁を見上げました。

*その頃の真田領は、上田城~岩櫃城~名胡桃城~沼田城と続いていましたが、岩櫃と沼田の間は、高山村を取られたせいで、タイトロープの様な状態で、名胡桃城が落ちると、沼田城は、北条の中に孤立してしまう状態でした。

GEDC0759.jpg

 「う」の郭の写真です。

*川田地区を荒らしまわる北条兵が、名胡桃城へ向かおうとした際、川田から名胡桃への街道を押さえる位置にあったのが、富士浅間の砦でした。

GEDC0760.jpg

 「え」の郭の塁壁です。

 手前に堀があり、右側に土橋があります。土橋は写ってませんね。申し訳ありません。

*天正年代、富士浅間砦は、「真田の生命線である名胡桃城」を守る最前線として、厳重な警戒状態を保っていたことでしょう。

 信仰の山へ続く・・・ 

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード