FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  富士浅間の砦(1) ~ 真田昌幸築城

富士浅間の砦(1) ~ 真田昌幸築城

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成23年12月某日には、私の敬愛する「真田昌幸」が築城したとされる、富士浅間の砦に行って参りました。
 群馬県みなかみ町下津にあります。

富士浅間の砦

 この砦のネット上のレポートは、これが初めてだと思われます。

GEDC0795.jpg

 北東にある名胡桃城から見た、富士浅間の砦です。

 名胡桃城は、3方を断崖に囲まれた要害ですが、残り1方の西側に敵が布陣すると、反撃に窮します。

 そこで西側に敵が布陣した場合、その背後を突くことが出来るよう、また、南西の高山村から敵が攻めよせた場合に、いち早くその動静を確認できるよう、この富士浅間の砦を築いたと思われます。

GEDC0744.jpg

 関越自動車道「月夜野インター」を降りて、国道17号を西へ、名胡桃城前の交差点を左折して、県道253号を南東へ600メートルほど進むと、この左折路が見えます。中央の山が「富士浅間の砦」です。先ほどの写真の裏側に来たとご理解ください。

 数十-メートル戻ったところに路上駐車をしても迷惑がかからないスペースがありますので、停めさせて頂きます。

GEDC0745.jpg

 上の写真の道を進むと、集落を抜け、畑を抜けた先に道がありました。

 藪こぎ、直登を覚悟していたのですが、道があり、有り難い限りです。

GEDC0747.jpg

 南側の尾根筋にたどり着きました。それなりに道があります。

001_20111210084131.jpg

 イメージ図を作成しました。

 群馬の中世城館跡掲載の縄張り図には、頂上部に郭が3つしか描かれていませんが、尾根筋と鞍部を併せて10郭ほど確認できました。

 上の写真は、←登った のあたりです。

GEDC0750.jpg

 南尾根の頂上部に到達しました。

 兵士が10数名たむろできそうなスペースがあります。

 敵兵の背後を付けへ続く・・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」

スポンサーサイト



Comment
Re: あざっす!
リュウ様 御来訪ありがとうございます。

 おかげさまでアクセスが順調に伸び嬉しい限りです。

 今後もわかり易いレポートを心がけて参りますので、
バックアップ頂けると幸いです。
あざっす!
場所がわかると非常に助かります!これからも宜しくお願い致します。
Re: はい〜
リュウ様 御来訪ありがとうございます。

 富士浅間の砦は、「群馬県中世城館跡」と「群馬県遺跡地図」に位置が示されています。
 確か名胡桃城資料館の掲示物の中にもあったかと思います。
 ブログを始めた当初は「行ってきました~!」で済ませていましたが、この頃は、御覧頂いた
皆様が訪問しやすいようにアクセスの図面や、解説を入れるようにしています。
 活用頂き、感謝です。
はい〜
お導きありがとうございました!全く知られてないですもんね。資料館では案内してるんでしょうか。
朝早すぎて開いてなかったんで。。
周囲の民家も非常に少なく、畑になることはないと思いますので是非知ってもらいたいなと思いました〜
今後もナビとしても利用させていただきます!
Re: 行きました!
リュウ様 御来訪ありがとうございます。

 富士浅間の砦踏査お疲れ様です。
 南尾根への道は藪に沈んでいましたか・・・ 手を入れないと1、2年でそうなってしまいますね~
 岩の多い尾根なので、普請は困難を極めたと思います。削平地が少ないのもそのためではないかと推察いたします。
 山頂から見下ろすと名胡桃城の全体像が良くわかりますよね。
 いや~ 超無名のこの城を登られるとは、「土の城派のかがみ」ですね。
 同好(同病?)の者として、嬉しいお話を頂戴しました。
 ブログをやっていて良かったです。
行きました!
五遁さんルートを写真を頼りになぞりました!ただ、途中から道を見失い、というかなくなり、意を決して途中から直登したらつなぎの平場に出ました。
南尾根の鋭さはハンパなく、本当に一歩踏み外したら数十m下まで真っ逆さまですね。迂回路の長さと各廓からの攻撃も超効果的に見えましたし、よじ登るのはかなりリスキー。ただ個人的には物見と速報役、兵が多数いように偽装して威圧する役割なのかなあと感じました。廓には駐屯施設を建築できるほどスペースはなかったですし。
正に土の城かと思いきや、崩れ落ちた石の多さもあまりに不自然でした!謎ですね。あまりに散乱した石が不安定(浮いてる)だったので、何度もこけました。無数の野生のバラにもやられました…でも久々に充実した登城でした!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード