FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  矢田城 ~ 矢田陣屋もあるよ

矢田城 ~ 矢田陣屋もあるよ

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成23年10月某日には、矢田城・陣屋に行って参りました。

矢田城

 群馬県高崎市吉井町矢田にあります。
 上信越道吉井インターを降りて、初めての交差点を右折、すぐに左折すると400メートルほどで到着です。

GEDC0294.jpg

 表示は何もありません。個人のお宅となっていますの侵入も出来ません。

 生垣のすぐ裏に堀があり、その向こうに土塁があります。

 「中世吉井の城館跡」によりますと、中世にお城として築かれ、近世に代官所として使用されたと記されています。

001_20111106090256.jpg

 上の写真は「あ」の写真です。

 グーグル航空写真とスケッチを基に作成しました。耕作により破壊された部分は「中世吉井の城館跡」掲載の図面を参考に補正しております。

GEDC0295.jpg

 ちょっとだけお邪魔して、堀と土塁を撮影させていただきました。恐縮です。

GEDC0299.jpg

 「う」の写真です。枡形になっています。往時は門が設置されていたことでしょう。

GEDC0300.jpg

 枡形を通り過ぎて進んでいきます。

GEDC0301.jpg

 左側に残存土塁が盛り上がっています。その奥が「え」の小口です。

 GEDC0304.jpg

 「え」の小口から代官所の中心部方向を撮影しました。

GEDC0303.jpg

 先に進もうとしましたが、この表示があり撤退。他方向からのアプローチを試みます。

GEDC0305.jpg

 西郭です。奥の林のあたりに残存土塁と堀があります。

GEDC0306.jpg

 「お」の写真です。門の両側は土塁で固められ、その手前は堀があります。

GEDC0307.jpg

 堀の写真です。

 堀の深さ、堀の幅、土塁の高さ、いずれも戦闘を前提にしたものとは思えません。鎌倉から室町初期に方形館が築かれ、戦国期は重用されず、江戸時代に、体裁を整える程度の拡幅工事を行い、集落の役場として使用されたものと推察いたします。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード