FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  天久沢陣城 ~ 信玄上野蹂躙

天久沢陣城 ~ 信玄上野蹂躙

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成23年10月某日には、天久沢陣城に行って参りました。

矢田城

 群馬県高崎市吉井町矢田にあります。

GEDC0311.jpg

 上信越自動車道吉井インターを降り、最初の交差点を右折し県道41号にはいります。
 41号は200メートルほどで、上信越自動車道の下をくぐりますが、くぐる手前に「天久沢公園」の表示がありますので、右折して下さい。上信越自動車道の上を通り過ぎるとあります。

 駐車場、トイレ、遊具完備です。素晴らしい!

002_20111105100243.jpg
 イメージ図を作成しました。

 私は縄張りオタクなので、縄張りの工夫の無い城のスケッチはヤル気が起きません。

 だので、信用しないでご覧下さい。

*天久沢陣城は1564年前後にに武田信玄により築かれたとされています。それまでの流れを少々・・・


GEDC0313.jpg

 駐車場から東側に進み、南側を見上げると「天久沢公園」の表示があります。

*上野(群馬県)は、室町期、関東管領山内上杉氏が治めていましたが、1552年、北条氏康により駆逐されてしまいます。山内上杉憲正は越後の長尾氏を頼り、管領上杉家を譲ることを条件に支援を求めます。
 これにより長尾氏当主は後日上杉謙信を名乗ることになります。

GEDC0312.jpg

 表示のわきには面白い階段があります。登ってみましょう!

*1560年には、上杉謙信は関東を席巻し、上野を支配下に置きます。
 「上野」「下野」「武蔵の北側」を謙信に取られた北条氏康は、武田信玄に援軍を要請します。
 援軍の報酬として、「西上野切り取り自由」が、信玄に示されたものと思われます。

GEDC0314.jpg

 馬場に出ました。

*翌1561年には早くも信玄が上野に出陣、国峰城と吾妻岩下城を奪取します。

 (岩下城は、信玄が去ると、再度、謙信へ靡きます。)

 1562年には、再度信玄が出陣、鏑川沿いを制圧し、武州松山城を攻囲。翌年2月には落城へとおいこんでいます。また、同年5月には倉賀野城を奪取。10月には岩下城を再制圧。


GEDC0315.jpg

 馬場から本郭を見上げました。塁壁の高さは2メートルほどでしょうか?

*1563年、信玄は安中城、松井田城を制圧。

 1564年には、吾妻嶽山城を奪取して、吾妻郡を制圧。

 1566年には、箕輪城を落として、利根川以西の西上野を完全制覇。

 これらの過程の、ごく一時期、西上野制圧のベースキャンプとして、武蔵~平井城~信濃へ抜ける街道の通るこの地に大軍を駐屯させ、駐屯所を見下ろす場所を簡単に削平したのが、この天久沢陣城であると推察されます。

GEDC0317.jpg

 本郭には、神社があります。

*現地解説版には、武田信玄の所有していた名馬「天久」がこの地で死を迎えたので、天久沢の地名がついたと記されていましたが、どうなのでしょう? まあ、歴史ロマンということで・・・

GEDC0316.jpg

 本郭の西側には、「伝信玄指揮所」があります。

*陣城には数百名の兵士が駐屯できそうです。西上野制圧に信玄が動員した兵は1万5千とも、2万とも言われ、陣城内には収容しきれません。

GEDC0322.jpg

 「伝信玄指揮所」の西側の二郭です。

*兵士たちは、陣城から北部に続く台地上にある矢田城や、峯山城を接収し、その周辺に駐屯したと思われます。

rGEDC0324.jpg

 二郭から北側を撮影しました。

 左の矢印が「矢田城」、右の矢印が「峯山城」です。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード