FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  麻場城(1) ~ 白倉氏居城

麻場城(1) ~ 白倉氏居城

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成23年10月8日には、麻場城に行って参りました。

麻場アク

 群馬県甘楽郡甘楽町大字白倉にあります。

 上信電鉄上州新屋駅から県道204号を600メートルほど南下すると、新屋小学校があるので、西へ左折します。町道を500メートルほど進むと、看板があります。

GEDC0225.jpg

 看板に沿って進むと駐車場があります。

 駐車場の背後は塁壁です。

GEDC0226.jpg

 簡単な縄張り図が掲示されています。

 麻場城は、白倉氏の城です。白倉氏は、児玉党の出身で室町時代は関東管領山内上杉氏の配下でした。関東古戦禄や小田原北条記等の戦記ものには、上杉軍の武将として頻繁に名前が登場し、上杉氏の主力軍を形成していたことが推察されます。

GEDC0227.jpg

 整備された登城路を登っていきます。

 1552年、関東管領上杉憲正は上州を逃げ落ち、越後の長尾氏を頼ります。長尾氏が関東を席捲した際に従軍した武将の名簿「関東幕注文」には、小幡道佐の名で白倉氏が記されています.
 「甲陽軍鑑」には、長尾景虎~後の上杉謙信が鎌倉で関東管領就任の儀式をしたさい、白倉氏が側近として付き添ったとの記録が残っています。
 しかし、長尾氏が関東を去ると、白倉氏は、直ぐに武田信玄の配下に加わりました。後に箕輪城主内藤昌豊の相備えとして50騎の軍役を担っていたそうです。

GEDC0229.jpg

 登り切りました。堀があり橋がかけられています。

001_20111030091330.jpg

 このイメージ図ですと、小口「い」の小塁の左側から、手前側に橋がかかっていることになります。

 この橋は、戦時には落としていしまうでしょうから、小塁上を右に進んだ先が小口になったと思われます。

GEDC0228.jpg

 左端から、小口「い」方向を撮影しました。

GEDC0230_20111030091947.jpg

 右へ進みました。二方向からの攻撃にされされる細道です。

 鏑川南岸築城様式へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Re: ご先祖について
白倉直美様 はじめまして。

 御来訪ありがとうございます。

 白倉城の記事に、白倉様よりの書き込みですから、白倉氏の末裔の方でしょうか?

 祖先をたどる作業は大変ですよね。私自身はどこの出かわからないのですが、

 女房の先祖をたどったことがあります。何年もかかりました。


> 私の先祖は、信季と思います。毛利に仕えた後、天草に渡り長年天草に住んでいました。残念ながら、天草の水害?によって、戸籍がひいおじいちゃんからしかはっきりとしていません。
ご先祖について
私の先祖は、信季と思います。毛利に仕えた後、天草に渡り長年天草に住んでいました。残念ながら、天草の水害?によって、戸籍がひいおじいちゃんからしかはっきりとしていません。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード