FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  越中守山城 ~ 前田利長入城

越中守山城 ~ 前田利長入城

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成23年8月16日には、越中守山城に行って参りました。

高岡アク

 富山県高岡市東海老坂にあります。

228.jpg

 高岡市街から、国道160号線氷見街道を北上し、「守山交差点」を過ぎ、「西海老坂交差点」を過ぎると、「万葉ライン口」の表示がありますので右折して山を登っていきます。

229.jpg

 程なく標高259メートルの城山に着きます。

 駐車場があり、トイレも完備しています。

230.jpg

 駐車場からは、スグに本丸へ向かうことが出来ます。

*守山城は南北朝のころには存在し、南北朝後期には越中守護の斯波氏が入っていました。

240.jpg

 本丸は後回しにして、元来た道を戻ることをお勧めします。

 本丸の見事な塁壁を鑑賞できます。

*室町期になると、越中の守護は畠山氏となります。守山城には守護代の神保氏が入ります。

005_20111002133955.jpg

 富山県中世城館遺跡総合調査報告書掲載図面に省略とデフォルメをかけて、イメージ図を作成しました。

 険しい地形を生かし、塁壁を防御の主体とした縄張りであったようです。

 上の写真は「あ」から本郭の塁壁を見上げたものです。

*神保氏は戦国時代にはいると、主家をないがしろにし、実質的に越中中西部の支配を確立しました。

 しかし、上杉謙信の侵攻に落城し、神保氏は追放されてしまいます。

232.jpg

 本郭は御殿を建てるのに充分な広さがあります。

*謙信が急死すると織田信長の軍勢が同地を制圧し、信長は越中を佐々成政に与えます。佐々成政は富山城を居城とし、守山城を再び神保氏へ戻しました。

237.jpg

 本郭の先端から、「い」の郭を見下ろしました。

*信長の死後、頭角を現した豊臣秀吉に佐々成政は逆らったため、所領を没収され、越中は前田利家に与えられました。前田利家は嫡子「利長」を守山城に入れました。

234.jpg

 本郭からは、越中の国を見渡せることが出来ます。

 また、能登への街道や氷見港も眼下に収めることが出来ます。

 山城の時代には、越中を押さえるに最適の場所だったことでしょう。

 しかし、戦国の世が去ると、険阻な山城である守山城は統治に不向きであるため、その後、利長は富山城へ移り、守山城は廃城となりました。

227.jpg

 守山城の遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード