FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  今石動城 ~ 急造駐屯地

今石動城 ~ 急造駐屯地

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成23年8月16日には、今石動城に行って参りました。

今石動アク

 富山県小矢部町城山町にあります。
 JR北陸本線「石動駅」北方約1.2キロ、標高186メートルの城山がそれです。

213.jpg

 実は、地図に城山と書いてあったので行ってみました。

 看板があり、ホッとしました。

004_20111002120625.jpg

 本郭近くまで車でいくことが出来ますが、本郭周辺以外は藪に覆われ、全容を把握することは出来ませんでした。

 実際に踏査できた本郭周辺のみを、イメージ図にて表現しました。
 戦国末期に前田利家が築城したにしては、どうなんだろう?という造りです。

223.jpg

 本郭に、全体平面図が掲載されていました。こちらの図面でも、段々に削平しただけ、の縄張りになっています。

 塁壁は甘く、土塁は低く、馬出しや枡形の工夫も無く、堀もわずかしか見当たらない。まるで、室町期の山城です。
 しかし、今石動城築城時の情勢を調べてみると、徐々に、この縄張りが意図的であることが判ってきました。

215.jpg

 櫓風の展望台が・・・

*戦国後期、越中は佐々成政が治めていました。1584年に小牧長久手の戦いが勃発します。織田信雄の蜂起に徳川家康が助勢し、豊臣秀吉に対抗したのです。佐々成政は秀吉方:前田利家の森末城を攻撃するなど、徳川家康につきます。

216.jpg

 郭に入りました。

*しかし、織田信雄が秀吉に屈したため、徳川家康も矛を収めます。困ったのは佐々成政です。佐々成政は信雄と家康に、反秀吉同盟の継続を説得しますが、両者は応じず、反秀吉は、佐々成政一人になってしまいます。

217.jpg

 本丸方面を撮影しました。曖昧な塁壁が見えます。

*秀吉は、その情勢を見極めると、前田利家に「佐々成政を潰す大軍を催すので、越中に駐屯地を用意しておいてね。」と、告げたと思われます。

219.jpg

 二の丸です。

*利家は、国境を越え、この地を占拠すると、1585年4月、急いで築城を開始しました。

 秀吉が軍勢を招集し終わるまでに短時間で駐屯地を確保しなくてはいけない。しかも、大軍の駐屯地だ。馬出しや小口などに凝っていては間に合わない。土塁や堀は駐屯面積を狭める。ひたすら削平し続けるのだ! ・・・といった事情で、今石動城は戦国末期の築城でありながら、単純な構造となったのではないでしょうか。

221.jpg

 本丸です。

*秀吉が10万の大軍を率いて、この地に入ったのが8月です。4月、5月、6月、7月・・・

 僅か4ヶ月での築城ですから、突貫工事だったのでしょう。

212.jpg

 南から見た今石動城の遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード