FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  能登末森城(3) ~ 前田利家の決断

能登末森城(3) ~ 前田利家の決断

 末森城の最終話です。

173.jpg

 本丸へ登っていきます。

174.jpg

 本丸です。

161_20110922230438.jpg

 フモトにある解説版です。

 私の解説は新人物往来社「前田利家の謎」に沿ったものです。看板の内容と若干違います。

176.jpg

 本丸の奥にも郭がありそうでしたが、濡れた藪でしたので踏査は断念しました。

*「末森包囲サル」の報を受け、前田利家は金沢城を出て、末森城に近い津幡城に入り、軍議を開きます。「末森はもはや助かりません。秀吉さまの援軍を待ちましょう」との意見が出ましたが、利家は救援を決意します。城を見捨てることは人心を失うことであり、在地勢力の寝返りを呼ぶことであることを、利家は知っていたのでした。

001_20110922224309.jpg

 踏査しませんでしたので、本丸の奥に郭は描いていません。

*利家は僅か二千の兵で、佐々勢に攻めかかります。援軍が来て意気上がる城内からも、城兵が討って出た為、佐々軍は局地的に挟み撃ちにあう形となり、足並みが乱れます。

 そのすきに利家は末森城に入城します。多分、二の丸と三の丸を回復したものと思われます。

162_20110922231032.jpg

 解説版の鳥瞰図です。私の図よりデフォルメされていますね・・・

*そこに、能登から前田勢の援軍が末森救援に向かっているとの知らせが入ります。

 能登は、混乱なく、前田の統治が行きわたり、援軍を派遣できる状態であることがわかり、佐々成政の作戦は修正を余儀なくされました。佐々軍は末森城の包囲を解き、撤退します。

 前田利家の決断の勝利でした。

175.jpg

 本丸から見た日本海の眺めでお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Re: 花の慶次を想い出します
らんまる様。お返事が遅れて申し訳ありません。
前田けいじは、わたしも興味があり、コミックではありませんが、
関連本を所持しております。
それによると、けいじはその後、能登と越中の国境に近いあお城を
守っていたそうです。
けいじは、本当に魅力的な人物ですね。
花の慶次を想い出します
前田慶次郎利益がこの救援作戦に同行したのかは不明ですが、コミックを読みムショウに訪ねてみたかった事を想い出します(笑)

若気の至りで信長の元を出奔した利家ですが、信長の死後はぱっとしなかった。
佐々成政を唸らせたこの戦の判断は、後にも先にも利家の戦上手の片鱗を見せたものと認識しています。
信州の攻城戦に飽きたら是非訪れたい城の一つですね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード