FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  群馬県長井坂城(2) ~ 真田昌幸奪取

群馬県長井坂城(2) ~ 真田昌幸奪取

長井坂城の第2話です。

image8469.jpg

 三の丸(西)を撮影するMさんです。

 雨の降りしきる中でも城に行きたい!

 煩悩に忠実な私にお付き合いくださる、貴重なお方です。

 いつも、有り難うございます。

image4330409.jpg

 三の丸(西)から見た、二の丸の張り出し横矢です。往時は櫓が組み上げれれていたことでしょう。

 上杉謙信在世中、沼田城もこの長井坂城も上杉家の傘下にありました。

 しかし、謙信が亡くなると、跡目をめぐって御館の乱が勃発します。

image9782807.jpg

 上杉景勝は、ここ沼田を含む上州を譲渡する条件で、武田勝頼を味方に引き入れ、乱に勝利します。

image8134223.jpg

 図「中の丸?」左奥、中央が堀、右が二の丸です。

 武田勝頼の命を受けた真田昌幸は、沼田城と、長井坂城を奪取します。

image6506379.jpg

 右が二の丸で。左が二の丸と本丸を隔てる堀、兼、旧沼田街道です。

 前橋から沼田へ行く道は、利根川沿いの平地を進みます。しかし、長井坂城の下で、利根川は崖に囲まれ、戦国期の土木技術では、川沿いに陸路を確保できませんでした。

 そこで、長井坂城の手前から台地へ登り、長井坂城の中央を通り、また、台地を下り、沼田へとたどり着く経路となりました。

 前橋から沼田へ行くにはこの道を通る以外なく、長井坂城は旧沼田街道を完全に掌握していたのでした。

image3787834.jpg

 図三の丸(東)の一番上の方の小口付近から、二の丸の土塁を撮影しました。

 武田家が滅亡すると真田昌幸は、織田信長配下の滝川一益に従います。

image9344348.jpg

 図三の丸(東)の上の方の、馬だし方面へと入る小口です。横矢がかかっています。大変技巧的です。

 織田信長が死亡すると、真田昌幸は北条氏の配下となります。

image1651315.jpg

 小口を入ったところです。奥が本丸土塁です。

 織田信長亡き後、無主となった甲斐、信濃を巡って、徳川家康と北条氏直が争うと、真田昌幸は徳川家康の配下となります。

 真田昌幸、生き残りへの道は続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード