FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  越中宮崎城(3) ~ 上杉謙信宿営

越中宮崎城(3) ~ 上杉謙信宿営

 越中宮崎城の最終話です。

020_20110903132807.jpg

 本丸腰郭に入りました。左側が本丸の塁壁です。

001 (2)

*その後、越中は畠山氏の所領となり、宮崎城は守護代の椎名氏の支配下にあったと考えられます。

 南北朝時代には越後:長尾氏の支配下となり、戦国期には、上杉謙信、上杉景勝が、ここ宮崎城を拠点に越中への侵攻を繰り返しました。

 その後、佐々成政、次に前田利家の城となり、一国一城の令をもとに廃城、ふもとには関所が設けられたとのことです。

022_20110903133031.jpg

 解説版です。富山県最古の山城と考えられているとのことです。

027_20110903133327.jpg

 本丸腰郭の南には平坦な道が続いています。これでは、防備が弱すぎます。

028_20110903133428.jpg

 往時は空掘りであったものを、太平洋戦争時、ここに砲台を造るため、空掘りを埋めて通路を造ったそうです。

029_20110903133614.jpg

 南側から、本丸腰郭と、本丸の塁壁を眺めました。

 この風景・・・ 思い出しました。20年前私はバイクで南側の公園から、本丸下まで乗り付け、二の丸も、三の丸も見ないで帰ったのでした。

024_20110903133831.jpg

 本丸の入り口です。

025_20110903133909.jpg

 本丸です。上杉謙信もこの場に立ってことでしょう。

021_20110903134001.jpg

 富山平野が見渡せます。

 山上に駐車場があり、整備されており、トイレも完備、技巧的な縄張りですし、なんといっても景色が素晴らしく、時を忘れます。お勧めの城です。

001_20110903134254.jpg

 東側からの宮崎城の遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Re: お願い
丸馬だしさま。御来訪ありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

ストレスがたまると、寝る前に・・・
発作的にブログ書き込みをしてしまいます・・・
翌朝、ハッと気がついて、削除します・・
御覧の皆様には御不快のことと存じます。
申し訳ありません。

毎回反省しております・・・

さて、私は福祉職の人間です。また、障害者福祉事業所の経営管理者でもあり
福祉関係諮問会議数々の構成員でもあります。

福祉充実は私のライフワークであります。
一時期は、福祉関係のコメントの方が多いブログでした。

しかし、福祉充実を呪文のように唱えても世の中は変わらないことを実感い
たしました。
福祉充実に理解のある政党を応援することにより、私のライフワークである
福祉充実を少しでも・・・
お願い
末永くこのブログを楽しみたいと考えておりますので
政治的な話や、武蔵さんの個人情報のようなことは
極力抑えていただければと思います。

どうしても書きたいことは
紙のノートにお書きになってはいかがでしょうか
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード