FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  手代塚城 ~ 小諸北西の守り

手代塚城 ~ 小諸北西の守り

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成23年8月6日には、手代塚城に行って参りました。

a小諸城アク

 長野県小諸市両神にあります。小諸城跡の北西約500メートルです。

069_20110830141036.jpg

 小諸駅と懐古園の間の道を北上し、懐古園入口交差点を左折し、県道40号に沿って河岸段丘を下っていくと、下りきる手前右側にモータープールがありますので、車を停めさせて頂きましょう。

054_20110830141644.jpg

 登り口があり、ここが三の郭です。

 小諸市街には千曲川の河岸段丘を利用した城が、僅か2キロほどの間に、4つも連なっています。城郭過密地帯です。南東から、与良城、七五三掛城、小諸城、そして一番北西が、この手代塚城です。

003_20110830142054.jpg

 イメージ図を作成しました。不思議な縄張りです。

 西の方から攻めれば、二の郭をあっという間に制圧できます。西側は往時水を引き、泥田としたのでしょうか?

 この城単独で守るというよりも、あくまでも4連城郭群のうちの一つとして、機能したのでしょう。

058_20110830142436.jpg

 右が三の郭、中央が堀です。左側には二の郭があります。

059_20110830142538.jpg

 大井氏配下の長尾氏が在城したと書いてあります。

061_20110830142812.jpg

 右が二の郭、中央が堀、左が本郭です。

066_20110830142940.jpg

 本郭には神社が建っています。

063_20110830143042.jpg

 本郭から見下ろした二の郭と三の郭です。

 こうやって見てみると、この城は囮かもしれませんね。攻城兵が三の郭と二の郭を攻めとったときに、小諸城から援軍が出撃し、北側の台地上に布陣すれば、低地にいる敵を南北から挟撃できます。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード