FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  佐久小田井城(2) ~ 板垣信方布陣か?

佐久小田井城(2) ~ 板垣信方布陣か?

 小田井城の第2話です。

018_20110830101024.jpg

 「え」の郭です。ただただ、広いです。

*日本城郭体系では、小田井原の戦いで、小田井城が活用されたのではないかとの推測を記していますので、第2話ではそこらへんの話を少々・・・

019_20110830101245.jpg

 「え」の郭西側の断崖を撮影してみましたが、木々でよくわからない写真になってしまいました。

*武田軍は、1544年頃には佐久をほぼ制圧していました。しかし、関東管領上杉憲正の支援を受けた笠原清繁が、志賀城にて反乱の兵をあげます。1547年のことでした。

001_20110830093443.jpg

*志賀城兵500に対して、武田信玄は十倍の5000で包囲します。

 上杉憲正は、援軍3000を志賀城救援に向かわせました。

 援軍は、碓氷峠を越えて佐久に侵入・・・

020_20110830101842.jpg

 「え」の郭に堀が食い込んでいる場所です。右側が食い込み地点です。

 この堀は、往時、「え」の郭を分断していたかもしれませんね。

 ある時期「え」の郭の南半分を本郭とし、「あ」を捨て郭としていたのでは?

 折りがつけられているのも、この部分だけですからね。

*武田信玄は、板垣信方に4000の兵を預け、上杉軍の迎撃に向かわせます。

 このとき板垣信方が、本陣を小田井城に置いたのではないか?

022_20110830103038.jpg

 「え」の郭は南側の堀が良く残っているんですよね・・・

 もともと「え」の郭の南側の堀だけ、広く、深かったのではないかと・・・

*板垣勢と、上杉勢は、小田井城北方の「小田井原」にて激突!

 兵力に勝る板垣勢は、戦いを優位に進め、上杉勢は劣勢・・・

 崩れる上杉勢を、厳しく追いたてた板垣勢は首級2000を挙げる大勝利となりました。

031_20110830103647.jpg

 左が「う」の郭、右が「い」の郭です。

*武田信玄は、志賀城外に首級を並べ、援軍がもいうこないことを、笠原軍へ示しました。

 望みを断たれた志賀城は間もなく落城・・・ 笠原清繁は自害したのでした。

 北条勢が活用へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード