FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  的場城(2) ~ 武田的キルゾーン

的場城(2) ~ 武田的キルゾーン

 的場城の第2話です。

 中田正光著「戦国武田の城」には、もともと高遠氏の城があり、武田信玄が高遠氏を滅ぼして、この地を接収した際、大改修を加えたのではないかと書かれています。

064_20110730114956.jpg

 尾根筋にたどり着きました。

004_20110730115136.jpg

 東側から見たイメージ図です。今回は中田正光氏の縄張り図から起こしました。

 単純連郭でありながら、横堀を巧みにもちいています。

 三の郭の小口が4ヵ所、二の郭の小口が2ヶ所、本郭の小口が1ヶ所となっています。

 城兵多く、疲労していない段階では多くの小口から伏兵を出して攻城兵を翻弄します。

 戦闘が長引き、次第に追い詰められていくと、小口の多さは、攻城兵の侵入経路の多さへと性格を変えてしまうので、二の郭、本郭へと引き籠る段階では小口を減らします。武田の縄張りの常套手段ですね。

 三の郭の図左側は、3方向から出撃兵が攻撃を加えることが出来る、驚異のキルゾーンとなっています。

066_20110730120035.jpg

 尾根筋には、竪堀がいくつも食い込み、進入路を狭めるとともに、攻城兵の迂回を防いでいます。

067_20110730120228.jpg

 尾根筋、向かって右側の竪掘です。

068_20110730120408.jpg

 図、キルゾーン手前の土塁で囲まれた空間です。ここはスデニ三の郭からの射程に入っています。

069_20110730120646.jpg

 キルゾーンから、三の郭東側の空掘りと土塁を撮影しました。

 この土塁の上を進む間、三の郭からの射撃にサラサレ続けます。

070_20110730120858.jpg

 三の郭の南から西にかけても、空掘と土塁が取り巻いています。

 撤退用スペースか?へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード