FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  塩田城(2) ~ 義清奪回!

塩田城(2) ~ 義清奪回!

 塩田城の最終話です。

142_20110724091414.jpg

 奥の方にも段々が続いている雰囲気が伝わるでしょうか? の写真です。

004_20110724091640.jpg

 室町期は村上氏の領国として安定していた塩田平ですが、やがて戦国時代になると、この地に甲斐の武田信玄が侵攻します。

145_20110724092441.jpg

 多分、「か」の郭から見上げた塁壁だとおもいます。6メートルは比高がありますね。

 日は傾き、すでにこの谷には直射の日光は差し込んでいないのに、まるで逆光の様な・・他にも・・

146_20110724092856.jpg

 連続して写ってしまいましたね。この城は晴れた日の午前中に訪問した方がよさそうです。

147_20110724093104.jpg

 塩田城の見どころ、石積枡形です。

 1552年4月、塩田城は落城して、武田の手に入ります。しかし同年、7月、村上義清は上杉謙信の助けを受けて塩田城に復帰しました。

148_20110724093229.jpg

 塩田城は、正面に敵を受けるとそれなりの防御性を発揮しますが、敵が背後に回ると守りにくいという弱点を持っていました。信玄はその塩田城の弱点を知っていましたので、塩田城の背後にある鳥屋城を攻め落とします。これを知った村上義清は塩田城を捨て越後へ逃亡するしかありませんでした。信玄は塩田城に入り、上杉謙信に備えましたが、謙信の撤退を聞いて陣を払いました。

149.jpg

 郭の奥には井戸があります。7年ほど前に訪問したさいは、ここから背後の詰城へ登りました。
 お勧めできないルートです。
 前山寺の向かって右わきから、詰城へ登る道がありますので、興味のある方はそちらからどうぞ。

 信玄は、塩田城の造りの古さに限界を感じたのでしょう。新たに岡城を築いて塩田郷の押さえとしました。

 武田が滅び、この地を継承した真田昌幸が上田城を築くに至り、塩田城はその役割を終えたことと思われます。

134_20110724094128.jpg

 塩田城の遠景でお別れです。

 今回、紹介した谷城部分のほかにも、山城部分があるとの話がありますので、いつか全山踏査して、イメージ図をアップしたいなと思っています。情報をお持ちの方は、お伝えいただけると幸いです。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Re: お疲れ様でした!
らんまるさんも、苦労されているようですね。
お互い気をつけましょう!
お疲れ様でした!
北向きで日の当らないジメジメした城なので、一度散策はしたもののミョーな雰囲気があり退却しました(笑)
やはり貴殿の写真にも気配を感じました・・・(汗)
数年前、美濃岩村城の攻城の折り偶然に写り込んだ霊の仕業で、翌日会社の自分の個室が水没しました(笑)
あまり無理はなさらないように。
といってもこの手の趣味は無理の連続ですよネ(爆)
情報提供有り難うございます。
塩田城と大岩城の情報提供有り難うございます。
訪問したい城はどんどん増えていくのですが、秋は休日出勤が増え、
大学院のレポートも佳境にさしかかり・・・
来年、怒濤の城攻めをするのを楽しみに、今は情報を整理しながら、
辛抱します。
こちらの資料で
いつも楽しく拝見させていただいています。
こちらのHPがさんこうになりそうです。
http://homepage1.nifty.com/YAMAZAKI-HOME/sioda/sioda-index.htm

ちがった意味で、山城の醍醐味が・・・。
須坂の大岩城はもっとすごいらしいです
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード