FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  小県岡城(3) ~ 本丸堀残存

小県岡城(3) ~ 本丸堀残存

 岡城の最終話です。

127_20110703140507.jpg

 二の丸に入り、南側の河岸段丘を撮影しました。

 この方面からの攻城は難しいことでしょう。

003_20110703132206.jpg

 敵は北側の室賀峠を越えて、この地に至り、岡城の北側に布陣することでしょうから、北側が最も堅固に普請されていたようです。

 北側の丸馬田出しには、両袖横矢がかけられていたと、地形観察から妄想しました。

 攻城兵が北の馬出しを突破して、二の丸に入ってもそこは狭く、本丸からの射撃にさらされるとともに、左右から挟撃されるという、実に考え抜かれた縄張りです。

130_20110703141247.jpg

 岡城はホボ破壊されているという話を聞いて、解説版を見て、ジャングルジムの公園に登って帰って来てしまう方も少なくないようです。

 本丸の堀も不完全ながら残っていますので、御覧になっていってください。

 写真は浦野川を背に見た本丸西側の堀です。右が本丸、左と奥が二の丸です。

 この幅からすると、堀底は、10メートルは下だったと思われます。

131.jpg

 堀底を進んでいます。堀が東側へ屈曲するあたりです。

132_20110703141815.jpg

 北側の堀です。右が本丸、左が二の丸です。

133_20110703141923.jpg

 本丸東側の堀です。右が本丸です。

 このように巨大な堀に囲まれ堅固さを誇った岡城でしたが、戦線は北の川中島へと移行し、川中島に海津城が築かれるに及び、その戦略的地位が低下・・・

 武田家滅亡後、小県を制圧して独立した真田昌幸が上田城を築くと、岡城はその存在意義を失い廃城となったものと推察されます。

 復元してもらいたい城の、私的一番手ですね。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Re: 長沼城
 丸馬出し様、御来訪ありがとうございます。
 丸馬出し様も、馬場美濃守のファンですか?
 私もそうです。戦歴もさることながら、その縄張りの合理性・・機能美・・・
 縄張りオタクの私にとっては神の様な存在です。
 長沼城の縄張りがわかりましたら・・・
 誠に勝手なお願いではありますが・・・
 ご一報いただけると大変有り難いく存じます。
長沼城
長野県内の図書館に(上田市はありました)たしか長沼村誌という郷土資料があるのですが、その中に載っていたような記憶があります。上田に来ることがありましたら市立図書館もしくは、駅前の情報ライブラリーを探していただければ見つけられるとおもいます。ちなみに私は馬場美濃守信房ファンです(笑
馬場美濃守ですね
 丸馬だしさん。御来訪ありがとうございます。
 ホームページのほうで「馬場美濃盛」になっていましたね。酔っぱらって作業をするとこうなってしまいます。ご示唆かたじけなく・・・ 早速修正させていただきました。
 戦国の堅城シリーズは持っております。
 長沼城と江尻城は完全に破壊されてしまい残念でなりませんね。
 江尻城の古図面は日本城郭体系に掲載されていたと思いますが、長沼城のそれは見たことがありません。確かに興味がそそられますね。「長沼城古図面」で検索したら、見た人がいるようです。どこで見たかは書いてないのですが・・・
馬場美濃守でしょうか
いつも楽しく拝見させていただいています。
私が知っている限りですが、諏訪原城タイプのフォ-マットを持つ城(詳しくは戦国の堅城を参照していただければと思います)は、時代順に岡城、長沼城、江尻城、田中城、諏訪原城などですが、初期に築かれた岡城は貴重な城跡ですので、破壊が進まないことを祈っています。個人的には長沼城の縄張りが知りたくて仕方がないのですが
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード