FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  葛尾城(12) ~ 泉平への堅固な登城路

葛尾城(12) ~ 泉平への堅固な登城路

 葛尾城の最終話です。

079_20110703102420.jpg

 登城路は、ここかしこ石積み補強されています。

080_20110703102614.jpg

 これなんぞは見事ですね。

 登城路の詳細イメージ図を作成しておけば良かったと後で後悔したのですが、あの時点で登り始めてから3時間以上経過しており、高温多湿で体力が奪われ、スケッチしようなどという気力がわきませんでした。

 いつか涼しい時に再度チャレンジしたいですね。

s1.jpg

 そんな事情で・・・

 全体のラフ図で誤魔化しをさせていただきます。今、泉平からくねくね道を下っています。

082_20110703103056.jpg

 この石積みの上には若干の削平地があり、登城路に攻撃を加えることが出来るようになっています。

084_20110703103241.jpg

 登城路にそって、このような帯郭が何段も続いています。

085_20110703103338.jpg

 武者だまりとも思われる平場もあり、この登城路全体の普請量は凄いです。姫城の数倍は手がかかっていると思います。

086_20110703103533.jpg

 巨岩が天然の塁壁となっている場所です。

 一般的に大手と考えられている東側の登城路は、防御の手が加えられていないと聞いています。

 一方、泉平への道は堅固に普請されている。

087_20110703103638.jpg

 中腹は巨岩の連続です。

 泉平が、ある時点で葛尾城の実質的中心部であったことが推察されます。

088_20110703103742.jpg

 ようやく下界にたどり着いた時は、Мさんも私もヒザガ・・・

 泉平経由、姫城登山口の表示が・・・ 公に認められたルートだったんですね。

 Мさん無理をお願いして、お付き合いいただきありがとうございました。一人では途中で断念していたことでしょう。

 情報を頂いた「丸馬出し」さん、「らんまる」さん、ありがとうございました。おかげさまで、葛尾城の知られざる側面に触れることが出来ました。

 平成23年8月6日追記

 本日、葛尾城北西の「荒砥城」から、葛尾城を撮影したら、姫城、泉平、岩崎城のラインがほぼ同じ標高であることが、よく、見て取れましたので、写真を追加いたします。

101_20110806222634.jpg

 この写真を見ると、泉平から直接、頂上に向かう尾根の中間地点にも何か遺構がありそうですね・・・踏査せねば・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
ご教授ありがとうございました。
らんまる様。御来訪ありがとうございます。
 本日は、らん丸様の攻城戦記を道しるべに、小田井城、金井城、〆掛城、
手代塚城を訪問しました。
 小田井城も金井城も要害性が高く、万の兵が駐屯可能・・・
 その城が一キロも離れていない場所にあること・・・
 ミステリーですね・・・
 らんまる様の今後のレポートを楽しみにさせていただきます。

 その後、荒砥城から葛尾城を見てい参りました。
 姫城~泉平~岩崎城のラインがほぼ同じ標高で繋がっていること・・・
 泉平が、千の兵の駐屯が可能な削平地であること・・・
 見てとれて感動し、葛尾城12話に追記しました。
 泉平刈り払い隊を組織したいですね・・・

 塩田城にも、知られざる遺構があるとのウワサヲ聞いています・・・
 私は、谷城部と詰城部を踏査しましたが、中腹は未踏査で・・・
 いつも甘えてばかりで恐縮ですが、もし、情報をお持ちでいたら・・




> 村上義清の本城の謎を解き明かす一歩になったと思います。小生も泉平についてはいつか探索をしたいと思うておりました。虚空蔵山系に連珠のような山城を配置し東に備え、西は三水城(狐落城)を抑えとし、本城で北に対する防禦を固める。泉平は巨大な兵の駐屯地だったのですね。
> お疲れさまでした。今後の攻城に更に期待しておりまする。
Re: お疲れ様でした
丸馬だし様。御来訪ありがとうございます。

 中田先生の図面を紹介いただき、攻城への勇気を頂きました。
 結果として、中田先生の図面をハルカに越える遺構がありました。
 葛尾城に対するもやもやが晴れて、大変うれしく思っています。
 次回の訪問は冬として、泉台への登城路、泉平、泉平から岩崎城への道を
図面にしてアップ出来ればと考えています。

追伸
 あるある・・・ ですね・・・ 私はしょっちゅうです!
 登城路を探すも、判らず、短気なので直上して、ようやくたどり着くと
ちゃんと別の道がある・・・
 でも、ちゃんとした・・ 正式な道を上り下りしていたら絶対に発見する
事が出来なかった遺構に巡り合えることも多いので、やめられません。

> ここまで葛尾城のことを取り上げたサイトはないのではないでしょうか。お疲れ様でした。再訪は木々の葉の落ちたころがオススメです。ところで、マイナーな城ほど頂を目指して直登してしまいがちですが、いざ到達してみると「ああ、ちゃんとした道がある・・・」なんてことがありませんか(笑)。帰りは楽をしたくて整備された道を下ることが多いのですが、車を止めた場所へ戻るのが・・・遠いんですよね・・・。
お見事でございました。
村上義清の本城の謎を解き明かす一歩になったと思います。小生も泉平についてはいつか探索をしたいと思うておりました。虚空蔵山系に連珠のような山城を配置し東に備え、西は三水城(狐落城)を抑えとし、本城で北に対する防禦を固める。泉平は巨大な兵の駐屯地だったのですね。
お疲れさまでした。今後の攻城に更に期待しておりまする。
お疲れ様でした
ここまで葛尾城のことを取り上げたサイトはないのではないでしょうか。お疲れ様でした。再訪は木々の葉の落ちたころがオススメです。ところで、マイナーな城ほど頂を目指して直登してしまいがちですが、いざ到達してみると「ああ、ちゃんとした道がある・・・」なんてことがありませんか(笑)。帰りは楽をしたくて整備された道を下ることが多いのですが、車を止めた場所へ戻るのが・・・遠いんですよね・・・。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード