FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  相木城(2) ~ 抵抗と没落

相木城(2) ~ 抵抗と没落

 相木城の最終話です。

002_20110528220722.jpg

 相木城の妄想イメージ図です。何の根拠もありません。が、

 沢が下流に行くにつれてエグレテ、深さを増すのは当たり前なのに、現状は埋められて道路になっている様な個所を、堀にしたりしてみました。

 時は移り、武田家が滅びると相木氏は、北条氏に従います。

 同族の依田氏は、徳川家康に従います。

044_20110528223033.jpg

 地元の方々にお尋ねしたところ、写真のあたりは「殿村」と呼ばれ、相木氏の主要メンバーの居館があったのではないかとのことです、妄想図面にも記しておきました。

 徳川家康と北条氏直は甲斐の若神子で対陣していましたが、徳川が甲斐・信濃、北条が上州を領有する条件で講和が成立しました。

045_20110528223222.jpg

 殿村の背後にも段差がある写真です。

 北条についた相木氏は、後ろ盾を失ってしまったのです。大人しく徳川とその配下となった依田氏に従えば良かったものを、「相木市兵衛の代では、依田より、相木が格上だった」という意識が働いたのでしょうか?

 相木氏は、勝算の無い抵抗へと傾倒してしまうのでした。

046_20110528223854.jpg

 段々の北側を見上げると、物見らしき場所が・・・ 行ってみましょう!

 依田信蕃の攻撃を受けた、相木能登守は上州に逃亡・・・

047_20110528224145.jpg

 物見から見下ろした相木城です。楕円形の城域が見て取れますでしょうか?

 相木家の当主が上州に逃亡しても、一族は相木城に籠り、抵抗します。

048_20110528224352.jpg

 更に登り、尾根筋に到達いたしましたが、その先端付近に普請された形跡はありませんでした。

 この奥の山上に詰め城があるとのことでしたが、この日のメインは勝見城と決めていたので、自重いたしました。

 依田信蕃は相木城を制圧・・・

052_20110528225108.jpg

 馬場あたりの写真です。

 依田信蕃が岩尾城で討ち死にすると、相木能登守は上州から相木に戻り挙兵!

 しかし、依田信蕃の子、康国に敗れ、相木氏は没落してしまいます。

 相木城は廃城となったと推察されます。

049_20110528225509.jpg

 物見から見た、海ノ口、八ヶ岳方面の写真でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード