FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  埴原田城 ~ 諏訪家分流の悲劇

埴原田城 ~ 諏訪家分流の悲劇

皆さん、こんにちは。
中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
平成23年4月16日には、埴原田城へ行って参りました。

植原田アク

長野県茅野市米沢にあります。

075_20110501181458.jpg

 中央自動車道諏訪インターを降りて、国道152号を東に2キロほど進みます。
 御座石神社交差点を左折して、県道192号に移り、600メートルほど、右折すると橋がある交差点を左折すると、突き当たりにバス停があります。バス停北西の山が埴原田城です。

076_20110501181654.jpg

 バス停から斜め右の道を進むとすぐこの階段が見えます。行ってみましょう!

081_20110501181845.jpg

 ほどなく本郭につきます。

 茅野市発行地誌によりますと、諏訪家統領刑部大輔政満の弟行満が埴原田氏を名乗り居城したとのことです。しかし、1483年、行満は、兄政満と共に前宮神殿の変にて謀殺されてしまいました。

008_20110501182007.jpg

 イメージ図を作成しました。

 本郭の背後にはワズカナ窪みが二か所あるだけで、ほとんど防御性がありません。だのに正面はこれでもかと腰郭を配置しています。

 腰郭を描いているうちに、何段目か判らなくなってしましましたので、とにかく腰郭が多いイメージだけ感じていただければ幸いです。

079_20110501182424.jpg

 その腰郭の一つです。

084_20110501182457.jpg

 腰郭が段々になっているところです。

085.jpg

 ふもと近くまで腰郭が続いている写真です。

 普請量の多さと、防御性の低さが両存するあたりが、1400年代の城なのでしょう。

 ホームページ 「土の城への衝動」 a>
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード