FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  唐沢山城② ~ 連郭式土の城

唐沢山城② ~ 連郭式土の城

 唐沢山城の第2話です。
 唐沢山城は、関東に珍しい高石垣の城として名高いのですが、石垣が積まれたのは安土桃山時代以降のことで、戦国時代は土の城、それも栃木山城の典型、連郭式山城でした。

 本レポートでは、まず、その部分を紹介したいと思います。

104.jpg

 四ツ目堀にかかる橋です。橋を渡って、まっすぐ進むと石垣ワンダーランドですが・・・

106.jpg

 左折して、堀底道を進み、堀底を抜けると右折し、城の北東方面を目指します。


006_20110313063939.jpg

 北東部分のイメージ図です。

 自動車道建設により破壊された箇所を妄想により復元しています。

107.jpg

 北城です。この先にも延々と遺構は続いていますので、マニアの方は訪ねてみてください。

108.jpg

 北城から、御姫御殿への土橋です。

 写真では判りにくいのですが、中央の道の両側には横堀が、堀の先には土塁があります。

110.jpg

 御姫御殿は駐車場になっていました。

 御姫御殿から、金の丸の塁壁を撮影しました。左側に若干堀が食い込んでいるのがわかりますでしょうか?

 往時、この堀は、尾根筋を切断していたと思われます。

111.jpg

 左が金の丸、中央が堀(大分埋められている)、右が御花畑です。

112.jpg

 御花畑です。薬草が栽培されていたとのことです。

114.jpg

 花畑から本丸の下ににじり寄ると、本丸番所の「算木積み石垣」を見上げることが出来ます。

 現在、本丸番所は立ち入り禁止となっていますので、石垣を下から眺めるだけで我慢するしかありません。

 苦悩の戦国期へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード