FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  牛久保城 ~ 牧野氏居城

牛久保城 ~ 牧野氏居城

 みなさん。こんにちわ。
 中世城郭愛好家土の城派、武蔵の五遁です。

 平成22年10月24日、お城仲間のMさんと牛久保城に行ってきました。
 愛知県豊川市牛久保町、JR牛久保駅の周辺がお城でした。

de 105

 牛久保駅です。

de 107

 市街化によりほとんど破壊されてしまいました。駅東口に立って左手に石碑があるだけです。

de 106

 日本城郭全集によりますと、1529年に一色城主「牧野古白」が牛久保城を築き、一色城から移ったとのことです。1529年といえば、家康のおじいさん「松平清康」が尾張侵攻を果たした年です。一色城は館に毛の生えた程度の規模であり、騒乱の時代には心もとなくなり、崖端の要害地形に大規模な築城をし、敵の来襲に備えたのだと思われます。

 1535年、松平清康は非業の最期を遂げ、家康の父「松平広忠」が跡を継ぎますが、松平家は内訌や離反が続き弱体化、今川家の支配下に置かれることとなります。

 1560年、桶狭間の戦いで今川義元が討ち死にすると徳川家康は、今川家から自立し、三河平定の戦いを始めます。1561年と63年には今川方の牛久保城に、徳川家康が攻めよせ撤退しています。その後、牛久保城は家康の城となり、今度は1575年、武田勝頼の侵攻を受け、城下を焼かれています。

 1590年、徳川家康が関東へ移封となると、牛久保城の牧野氏も、上州大胡城へ移りました。

001_20110306065400.jpg

 遺構は破壊されていますが、古図面からイメージ図を起こしました。

 西側には、角馬出しと「あ」の枡形のセットがあります。

 「い」と「え」の小口には横矢がかけられています。

 「う」の小口には、「お」と「か」から十字砲火を加えることができます。

 「か」は半枡形になっており、機能的な縄張りです。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード