FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  方ノ上城③ ~ 本城域探索

方ノ上城③ ~ 本城域探索

 皆さん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成23年1月29日、方ノ上城を探す冒険をしてきました。
 静岡県焼津市方ノ上周辺です。

 前回、方ノ上城烽火台に登りました。細尾根に堀切があり、それなりに防御はされていますが、削平地が無く、軍勢を駐屯させることが出来ない。文字通り「烽火台」であることが判明しました。

 花倉の乱のとき、方ノ上城には名の通った武将が数名駐屯していたということです。軍勢は少なくとも100~200はいたことでしょう。烽火台の周辺に方ノ上城の中心部、軍勢が駐屯できるスペースがあるはずです。

 地形図を片手に山様を観察し、可能性のある場所を踏査してみました。

an 041

 まずは坂本神社の裏尾根です。ご覧のとおり、この尾根筋を登って行くと烽火台にたどり着く地勢です。

an 046

 藪をかき分けどうにか尾根筋に到達いたしましたが、ただの細尾根で軍勢が駐屯できるスペースはありませんでした。

 尾根からの帰り道、濃密な藪に対抗する新技を開発しました。服を2枚用意します。藪に服をかぶせ、その上に立ちます。沈みません。進行方向にもう一枚の服をかぶせ、その上に移ります。さっき使った服を拾い上げ、更に進行方向へ、これを続けると濃密な藪があっても移動できます。

an_20110218212150.jpg

 狼煙台周辺のラフ図です。

an 048

 次に中腹の尾根筋が怪しいとにらみました。車で西側から登ると、「方ノ上城烽火台」の表示があります。前回は東側から登って、東側に下ったので、西側は初めてです。

an 049

 5分ほどで鞍部に・・・若干の平地がありますが、2~30人程度しか駐屯できない狭さです。

an 051

 尾根筋を進みましたが、細尾根が続くだけで、駐屯スペースはありません。

 帰り道・・ 周囲の地形を見渡します。
 前回怪しいと思った、長福寺背後には、掘平地はありませんでした。

an 047

 長福寺と坂本神社の中間の尾根の先に怪しい地形が・・・

 行ってみましょう!

 方ノ上城本城域への妄想へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード