FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  西方城③ ~ 屈曲する進入路

西方城③ ~ 屈曲する進入路

 西方城の第3話です。

fe 099

 広い広い北の丸です。

an_20110205094319.jpg

 戦国後期になると北条氏に対抗するため、皆川氏、宇都宮氏、佐野氏、結城氏、壬生氏、佐竹氏は共同戦線を張ります。しばらくは上手くいっていたのですが、次第に圧迫され、佐野氏、結城氏、壬生氏が次々と北条へ屈服してしまいます。

 皆川城には北条連合の大軍が押し寄せ、皆川氏も屈服。皆川勢は北条の先兵として宇都宮領へ侵攻することとなります。記録にはありませんが、このあたりで西方氏も屈服し、北条の配下になったものと思われます。

fe 100

 北の丸から南を見ると、北2郭の塁壁が見えます。

fe 101

 見所解説版があります。大変親切ですね。侵入路が屈曲し、城攻兵へ停滞を強いた上で、横矢攻撃をかけることが出来るよう工夫されていることを表示しています。

fe 102

 枡形です。南向きから、西向きへ方向転換させられた城攻兵は、枡形で攻撃を受けながら、また、南向きへと方向転換を強いられます。

fe 103

 更なる屈曲を経て北2郭に入りました。南側を見ると北1郭への土橋と小口です。

fe 106

 北1郭に入りました。二の丸への小口と、本丸への小口が連続しながら、若干ずらして配置され、更に本丸の小口は食い違いの技法で、城攻兵に側面進入を強いているのが見て取れます。どこまでも屈曲にこだわる執念を感じますね。

 張り出し横矢へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード