FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  真名子城③ ~ 秀麗! 二重堀切

真名子城③ ~ 秀麗! 二重堀切

 真名子城の最終話です。

fe 069

 「い」の郭です。下の段とあわせると、この城で一番広いスペースです。住民の避難場所であったのかもしれません。

fe_20110130151132.jpg

 戦国後期、北条氏が下野に侵攻を繰り返し、皆川氏は北条氏に屈服。岡本氏も北条サイドとなりました。

fe 070

 私以外の皆さんは、堀「5」を伝って谷筋へ下りていかれましたが・・・

fe 071

 私は、藪の尾根筋を強行突破・・・ いつも我儘でスミマセン・・・

fe 073

 二重堀切の一本目です。

fe 075

 二本目です。武骨で単純な造りの真名子城ですが、この二重掘りは秀麗で一見の価値ありです。

fe 076

 二重堀を下から見上げました。

 1586年、豊臣秀吉は、徳川家康を忍従させると、北条氏への圧迫を強めます。この情勢の変化を好機とした宇都宮・佐竹連合は1588年、当地に侵攻し、西方城と真名子城を制圧しました。西方氏は滅亡し、岡本氏は真名子城を捨て、皆川氏の領地へ逃れました。

fe 077

 ふもとには居館跡があります。最近まで岡本氏の子孫が暮らしていらしたトノコトデス。

 1590年、豊臣秀吉が北条打倒の軍を催すと、岡本氏は皆川氏と共に北条氏の小田原城へ籠もります。しかし、当主岡本七左衛門は小田原城内で病死、岡本氏の本流は断絶してしまいます。

fe 080

 西から見た、真名子城の遠景でお別れです。

 ご案内いただいた、地元ボランティアの皆さん、有り難うございました。

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード