FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  黒羽城③ ~ 忠節と篭城の系譜

黒羽城③ ~ 忠節と篭城の系譜

 黒羽城の第3話です。

fe 213

 「え」の枡形に入りました。

an_20110123103439.jpg

 徳川家康が「黒羽城捨てがまり構想」を完璧にするため、黒羽城へ派遣したのが、忠節と篭城の系譜、岡部長盛でした。

fe 215

 本丸に入りました。御殿っぽい建物があります。

 岡部氏は今川家の家臣でした。桶狭間の戦いで今川軍が総崩れとなる中、岡部元信だけは頑強に鳴海城を守り続け、主君今川義元の首級を持って帰国することを条件に、ようやく開城しました。

fe 214

 やぐら台っぽい建造物も・・・

 その後、武田信玄が駿河に侵攻し今川勢が総崩れとなる中、岡部元信の兄、岡部正綱は今川館にこもって頑強に抵抗しました。ここでも主君今川氏真の助命を条件に開城し、主君への忠節を守りました。この忠節と用兵の巧みさに惚れた信玄が家臣に招きました。

fe 219

 本丸から馬出しへの木橋も復元されています。

 やがて武田家が傾き、高天神城が徳川勢に包囲されます。この時岡部元信は高天神城を死守し続け、城を枕に討ち死にしています。岡部正綱は弟を見殺しにした武田勝頼を見限り、徳川家康の先兵として、家康の甲斐侵攻戦に活躍しました。

fe 220

 木橋の上から、東側の堀を撮影しました。

 家康は、忠節と篭城の系譜岡部氏、岡部正綱の子、岡部長盛を黒羽城に入城させます。岡部長盛なら、死ぬまで決して城を敵に渡さないとの確信が家康にはあったことでしょう。

 黒羽藩存続へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード