FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  八戸城 ~ 八戸南部氏の居城

八戸城 ~ 八戸南部氏の居城

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成22年12月11日、八戸に住む兄貴に、八戸城へ連れてってもらいました。

根城アク

 青森県八戸市内丸にある三八公園がそれにあたります。

fe 035

 三戸南部氏と同族の根城南部氏は、長い間「ゆるやかな南部連合」のメンバー同士でした。ところが豊臣政権による天下統一が成し遂げられると、三戸南部氏は大名となり、根城南部氏はその家臣となりました。

fe 026

 三戸南部氏は、権力を持つと、その権力を私利私欲のために行使したのでした。八戸は耕作地が広く、馬淵川と太平洋の水運もあり、漁業も盛んで豊かな土地でした。三戸南部氏はその八戸を根城南部氏から取り上げ、八戸根城南部氏を遠野へ移し、空白となった八戸を接収したのでした。

fe 025

 八戸城は、馬淵川の河岸段丘を防御に利用しています。

 比高は10メートル以上ありましょうか?

 1627年、三戸南部当主「南部信直」は、根城南部氏の歴史ある居城「根城」を廃城とし、現在の三八公園に陣屋を築き、現在の八戸市街に町割りを行い、八戸の行政と商業の中心地としました。

fe 029

 1664年、三戸南部当主「南部重直」が、嫡子無く没すると、時の徳川将軍家綱が裁定をし、異母兄弟の2人に南部領を分割相続させました。盛岡藩は8万石、八戸藩は2万石で「南部直房」が初代藩主となりました。写真は初代藩主の銅像です。
 八戸藩の独立を受け、この地は陣屋から「八戸城」として、公に認められました。

fe_20101231133319.jpg

 八戸城は、市街化により完全に破壊されていますので、古図面からイメージ図を起こしました。

 元々、陣屋でしたので、軍事的にはあまり力を入れていない感じですね。「あ」が大手、「い」が矢倉台、「う」が搦め手ではないかと、妄想いたします。

fe 034

 公園内には、三八城神社があり・・・

fe 033

 神社の境内には、源義経の北行伝説の・・・

fe 032

 弁慶石が・・・ 義経のお供の弁慶が石を踏んだら、足の形にクボンジャッタ!

 昔の方々は想像力が豊かだったんですね・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード