HOME   »  中世城郭  »  横瀬根小屋城① ~ 異形の城

横瀬根小屋城① ~ 異形の城

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成22年11月27日、お城仲間のMさん&ぶんさんと横瀬根小屋城に行ってきました。

横瀬アク

  埼玉県横瀬町横瀬にあります。

fe 004

 正丸トンネルから国道299号を北西に進み、西武線芦ヶ久保駅を過ぎ、狭い谷間から横瀬の町並みが見えてすぐ左折すると、遊歩道入り口の看板があります。

 10年ほど前に訪れたときには、この様なものは無かったので驚きました。
 遊歩道も整備されていました。

fe_20101219135246.jpg

 イメージ図を作成しました。

 横瀬根小屋城は、学習研究社発行「戦国の堅城Ⅱ」に、「異形の城」として取り上げられています。

 通常、最高部の本郭へ向かうにしたがい、次第に、守りが堅固になっていきますが、横瀬根小屋城は、低い末端の部分が堅固に普請され、上に行くに従いあいまいになっていき、最高所はゆるい塁壁に囲まれているだけであることから、築城の常識の逆、つまり、異形ということです。

fe 007

 散策路は、「東郭」と「西郭」の間の谷筋を登っていきます。

fe 008

 「西郭」に入りました。御殿や兵舎を建て並べることが出来るだけの広さがあります。

fe 009

 「西郭」では、発掘調査が行われていました。

fe 010

 「西郭」は、2段になっています。

 上の段から、下の段を見おろしました。

 馬出し様堡塁へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード